スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史の1ページ コンフェデ杯 決勝ブラジル×アルゼンチン[TV観戦]

海外(代表)
06 /30 2005
ブラジル優勝おめでとう!

どのシュートも素晴らしかったですね。
超人アドリアーノの野性的なシュート、カカのテクニカルなシュート、ロナウジーニョの芸術的ボレー、そしてまたアドリアーノの迫力あるヘディング。
でも、一番記憶に残ったのはアイマールがクロスに飛び込んで放った捨て身のシュートですね。
シュートそのものが素晴らしかっただけでなく、その後に悲壮感漂う表情で胸のエンブレムを叩いた仕草が印象的でした。

アルゼンチンは準決勝で延長を戦った影響がやはりあったのでしょう。
体のキレを感じられたのは開始直後の数分のみでした。
リケルメのトラップ(やコロッチーニの肘うちw)など魅せる場面もありましたが、観てる側が哀しくなるほど全体的に体が重そうでしたね。

対するブラジルは流石に王者だけあって、決勝にピタリとピークを合わせて来ました。
パス回しは今大会最高の出来でしたし、警戒されていてもブチ破る力強さを感じました。
決定的な場面ではキッチリ決めていましたし、守っても最後の一線を割らせない集中力を感じました。
気が緩んでいたら80分過ぎの攻勢を受けた時に失点したはずですからね。
最後まで引き締めたヂーダはこの大勝に貢献しましたね。

決勝戦。しかも永遠のライバル対決。
しかし、そこから連想される緊張感・緊迫感は4-1のスコアが示す通りあまり感じられませんでした。

決勝でのブラジルの出来は文句のつけようがありません。
それを引き出したのは他ならぬアルゼンチンではないでしょうか。
ブラジルがアルゼンチンに南米予選で負けていなかったら、ライバルが相手でなければここまで徹底した試合にならなかったのではないでしょうか。

コンフェデレーションズカップはブラジルの優勝で幕を閉じました。
それでも、ライバル対決はこれからも続くのです…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

コンフェデレーションズカップ

なんだか、酔ってたあいだに、ブラジルの優勝で、幕を閉じたみたいですね~。アルゼンチン対ブラジル、見損ねました~。

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。