スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダの風が東京に吹く! 練習試合日本大学選抜戦[生見学]

FC東京
06 /27 2005
立っているだけでジリジリと焼かれていく強烈な日差しの下、
練習試合が行われた!
こんな環境でサッカーするなんて選手達も大変だ(笑)

相手は日本大学選抜。
まずは1本目。
メンバーは
GK神
DF金沢、モニ、ジャーン、藤田
MF文丈、今野、栗澤、石川
FW戸田、祐介

中断前と同じ4-4-2だね。

さて、合宿の成果はいかに。
期待して観ていたのだけどこれが酷い酷い(苦笑)
近場にパスを出しては行き詰まり、最後は裏に走る戸田に向かってドカ蹴りの連続。
1得点はそのパターンで戸田が倒されてPKから。

相手が良かったのではなく、完全なる自滅。
多くは書かないけれど、中断前に比べて前進どころか後退している内容には背筋が凍ったよ(苦笑)

心のクールダウンを終え、いざ2本目。
これが収穫満載だった!! 来て良かった~♪
1本目と交代して入った2人の選手が凄く良かったんだ!!

まずは祐介に代わって入ったルーカス!
ルーカスが入った事でボールが収まるから、周囲の動き出しが格段に良くなって前半にはまるで見られなかった3人目の動きを感じられるようになった。
そのルーカスはあいさつ代わりとばかりにGKの位置を見越したキレイなループで得点!
決めた直後、ルーカスは余裕の笑顔だったけどジャーンが凄くうれしそうに飛びついてたのが印象的だったな。

そしてもう一人は文丈に代わって入った梶山!!
この男、見事にオランダの風を身にまとってきやがった!!
ルーカスが入って周りの動き出しが良くなったのは確かなのだけど、それを効果的にしたのはこの男のプレーによるものだった。
味方にとって出しやすいポジションに絶妙のタイミングで顔を出し、受けては素早い判断で効果的なパスを正確に出す。
オランダで感じた世界のリズムそのままにプレーするこの男が東京のサッカーを一気に加速させた!

ルーカスがキープした時に藤田がスルスルと上がり、落としを受けた梶山が素早く糸を引いたようなパスを藤田に通し、藤田がクロス!
逆サイドをずっと駆け上がっていた栗澤がキッチリ詰めてゴール!!

原東京にとって理想的な得点ではないだろうか!

また、梶山によるオシャレな散らしは遅攻という東京にとって大きな課題を解決してくれるのではないか、そんな期待を抱ける程見事だった。
相手が偏ったら直ぐに出すサイドチェンジのタイミングが絶妙で気持ちいい。

ここで断言してしまおう。

梶山こそが再開後のKEYMANだと!!

人間は忘れる生き物。
もし、梶山に多くの選択肢を周囲が与えら得れなければやがて彼の判断は鈍り、効果的でない処に精度の低いパスを送ってしまうようになるだろう。
そしてそれは彼への信頼を損ね、さらなる悪循環を招く。

しかし、世界基準のリズムでプレーする彼のリズムでサッカーが出来れば、東京は一段高みに上がるはずだ!!
但し、それに見合ったゴールを奪う、の条件付だけれど。

たかがアマチュア相手の練習試合で活躍したぐらいで何を騒いでいるのだ、と思っている事だろう。
しかし、それを差し引いて余りあるものを私は感じたのだ。
この期待感は開幕前PSM山形戦でセクシーな攻撃を観た時以上のものだよ(笑)
koda0626156000000.jpg

主力組の出ていた1,2本目。
一番注目していた「相手の時間帯をいかにしのぐか」に関しては観る事が出来なかったな。
暑さのせいもあるだろうけど、この日の大学選抜はチーム、個人共に際立ったプレーが無く、得点の匂いを感じる事はなかったから。
但し、一本目で東京が自滅していった場面を除いてだけどね(苦笑)

さて、3,4本目は当然サブ組中心の試合だった。

3本目、特に目立ったのは鈴木健児だね。
ボールを持ったらとにかく仕掛ける積極性を見せてくれたよ!
全部が成功した訳じゃないけれど、仕掛けることでしか学べない事は沢山あるからね。
いずれ必ずチャンスは巡ってくるはず。それまで、この調子で牙を磨いていって欲しい!

フジがせっかく復帰してたのに負傷退場してしまったのは気がかり。
大事じゃないといいんだけど…。

最後に4本目。
1本目に出ていた祐介がヒロミ直々に猛烈指導を受けてから出場。
koda0626156000001.jpg


4本目で目立ったのはその祐介と戻ってきたノリオ!
おかえりノリオは試合が始まると左サイドを何度もゴリゴリと突き進み、中の祐介へ!
しかーし、祐介のシュートは枠を捉えられない!!
ノリオのクロスから2度決定機を迎え、自らも強引に突破してシュートを放つ等意欲は見せたんだけどいかんせん枠に入らない。
FWのシュートが枠に行かないんじゃちょっと話にならないよ。とにかく今は練習あるのみだね。
一方、ノリオは順調に回復しているようで安心した!右サイドに移った途端存在が消えたのはご愛嬌かな(苦笑)
koda0626156000002.jpg

もう一人、個人的に気になって仕方の無い尾亦のプレーに関しても触れよう。
尾亦は未だに能力を持て余してる印象があるんだよね。
この試合で、PA左外に落とされたボールをダイレクトでゴールに突き刺したように能力は絶対的に高いものを持ってる。
でも、タイミング良く出す強いクサビのパスが何度も相手に取られ(パスの精度、受け手両方に問題有)、オーバーラップを仕掛ければギリギリでオフサイドになり、深い位置でボールを持ったかと思えば何故か仕掛けずノリオにボールを預けちゃうなど、歯痒いプレーがかなり多い。

パスが通らないんだったらもっと周囲との相互理解を図る、オーバーラップをする時はラインとタイミングを図る、そして何よりチャレンジする精神を持つ!
一つ一つ課題をクリアしていけばきっと東京の左サイドを担う、いや武器となる選手になると思うよ。期待してる!這い上がって来い!

最後に、初めて選手待ち。
これから東京のサッカーに変革を起してくれるであろう人物にどうしても会いたかったんだ。
お目当ての選手に写真を撮らせて貰い、握手を交して高揚感と共に家路に向かった。
koda06261010014s.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。