スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反骨精神を胸に、前へ進め! WY GL第3節オーストラリア戦[TV観戦]

日本代表
06 /19 2005
梶山はこの試合もスタメン!!

前半のゲームはとにかく酷かった。
大した技術の無いオーストラリアに対してDFラインはPA前と非常に低い設定で中盤はスカスカ。
さすがにこれでは相手にも持たれてしまい、日本は終始ボールを追い掛け回す展開。
やっとボールを持っても前線に動き出しが無く、増嶋を中心にミスをしては西川の好守と相手の凡ミスに助けられてばかり。
時折攻め込むてもラストパスの精度が非常に低く、シュートを打てる時にも打たない。
前半、抑える意図だけは感じられるがそれにしてはディフェンスもお粗末。
並のチームが相手であれば、もしくはオーストラリアのコンディションがもう少しよければ失点していただろう。
日本、オーストラリア共にユース大会である事を差し引いてもレベルの低すぎる内容(勿論、連戦そして暑さの影響があっただろうが。)で、前半は全く見所の無い時間を過ごした。


後半、前に人数をかける日本は散発的にチャンスを作るが平山は決められない。
そうこうしているうちに、75分相手のFKを西川がポロリ。そこを詰められて先制点を許してしまった。
西川はこれまで再三ピンチを防いでおり、非常に気の毒な失点だった。

攻めるしかない日本。
85分にはCKから平山がヒディングシュートするも、ゴール内で待機していた相手DFに弾かれて入らず。

しかし、試合が終るまで何が起こるか分からないのが大熊JAPAN
時間稼ぎをしながらも隙を突いて打ってくるオーストラリアの攻撃を何とか凌ぎながらも攻撃に転ずる。
そして迎えた87分、相手ゴール前で混戦になったところから梶山がゴール前へループパス!
前田が右足で合わせ、ボールはGKに弾かれながらもゴールへ吸い込まれた!

GOAL!!

その後、猛然と襲い掛かるオーストラリアだが辛うじて得点は許さない。
逆にカウンターから平山がゴール前ドフリーとなる超決定機!
しっかりタメてシュートを打つ平山!日本、決勝トーナメントを決定付ける一撃だ!!

と思ったら打ったシュートはあさっての方向へ。
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ


その後も攻め続けられた日本だがそれも凌いでタイムアップ。
1-1のドローに終った。
ベナンがオランダに0-1で敗れたので決勝Tへ進める事になりましたとさ。

さて、今回の試合でまたしても勝負強さを見せた大熊JAPAN
これで2大会連続決勝T進出である

しかし、おめでとうとは言わない。
オランダが頭抜けているものの、このグループで2位になるのは日本の力を考えれば当然だったと私は思う。
ベナンは身体能力こそ高いものの足元の技術は未熟であったし、オーストラリアに見るべきものは無かった。
苦戦は日本自らが招いたものに過ぎず、その大きな原因は大熊監督にあると私は考えている。
(以前書いた通り、私は大熊監督がWYの監督として適任だとは思っていない。)

ベナン戦で家長に変えて苔口を出す等の迷采配は原因の一部に過ぎない。
問題の核は大熊監督が個で負ける事を意識し過ぎて自分達の選手を過小評価している点と私は考える。
彼が口にする言葉は「お前達、自信を持ってやれ!」ではない。
「あれが怖い、これが怖い、もっと怖いもっともっと怖い。」である。
これでは選手自身が本来持っている力を出すのは困難。
挙句、自分達よりも下手な相手チームのボール回しに延々と付き合うハメになるのだ。

大熊JAPANにおいて選手達が持つべきもの。それは「反骨精神」かもしれない。
前大会では坂田が見事にピッチで自分の力を誇示し、活躍した。
今大会でもサブ組の水野、前田が活躍している。
家長のように、雰囲気の飲み込まれず自分の力を誇示する選手も僅かにいる。
オーストラリア戦でのDF陣はボンボンと蹴らず、繋ぐ意識を見せていた。
ミスもかなり多かったが大会を通して成長するんだという意志が伝わってくる。

しかしそれでも今の日本代表の姿はまだまだ魅力に乏しい。
大熊監督が何と言おうとピッチで表現するのは選手なのだ。

君達はもっとできるはず。

その力、思う存分魅せつけてくれ!

大熊監督に、俺達に、そして世界に!


<追記>
気になったコメントをPick Up。

「非常に厳しいグループだと最初から分かっていたが、21人で勝ち取った次のステージへのチャレンジだ。梶山をゆとりあるポジションに置いて、核にしたい。」大熊監督

繰り返しになるが、厳しいグループだったとは思わない。
苦戦は自らが招いたものではないだろうか。
選手達に感謝すると言う一方で、カレンを名指しで批判。
期待の裏返しかもしれないが、公に向けて放つ言葉ではないはずだ。
大熊監督には、モロッコのビデオの前にもう一度日本の選手達をじっくりみてもらいたい。
梶山、前田以外にも能力を持ちながら引き出せていない選手がゴロゴロいる事に気付くはずだ。
今迄見せてきた勝負師としての冴えもより一層キレを増すだろう。


「恩返ししないといけない。」梶山

大熊監督が抜群の信頼を置く梶山。
元々このチームの中心選手ではあったが最近は怪我で合わせる時間も少なく滑り込みで加わった選手だけに、出るからには選手達に認められるプレーが最低限必要になる。
アシストという結果は出した。
次は勝利へ導くプレーを期待したい。


「やっているのは選手だし、監督の指示とは別に自分たちでやっていかないと。」水野

まさにその通り!
既に大熊サッカーはしすぎるほど浸透している。
ここから先は君達が色を出していけ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

久々にFC東京を語る

最近、FC東京についてあんまりコメントしてませんでしたね。実は5月8日のアルディージャ戦以来、スタジアムにいけてなかったんです。やっぱり生観戦しないと、どうもコメントしづらい。マスコミの評価を鵜呑みにするのは好ましくないので…。でもこの一ヶ月、東京を巡るいく

ワールドユース、3戦目

日本1-1オーストラリア良かったね。どうにか引き分けで。負けるかと思っていたから。オーストラリアとの差はないから、どうかなって。向こうの精度の悪さに助かったけどさ。どうも日本は、自分たちのサッカーより、相手を見てサッカーをするきらいがある。これはA代表も

日本代表、決勝Tへ!

「影の濃い ピッチ押し込む ゴールかな」 サッカーのワールドユース日本対オーストラリア戦は、キーパー西川選手の落としたボールを蹴り込まれ1点のリードを許す苦しい展開でしたが、後半42分に途中出場の前田選手が右足で押し込んで1対1の引き分けに持ち込み、グル

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。