スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合巧者メヒコにしてやられる コンフェデ杯GL第1節メキシコ戦[TV観戦]

日本代表
06 /17 2005
ポプラの綿が舞う中日本の国歌斉唱。
左から順に映っていく日本の選手達。
戦いを前にした緊張感が画面から伝わってきた。
すると、全く予想していなかった茂庭の顔がコナ━━━━(゚A゚)━━━━イ !
予想通り茶野がスタメンだった。

立ち上がりはメキシコがハイペースで試合に入ってきた。
WYでのオランダのように一人がゴリゴリ行くのではなく、細かいパスと短いドリブルを組み合わせた人と手数をかける攻撃がいかにも南米らしい。
守勢を強いられる日本だが、奪った時にドンと蹴り出すのではなくキチンと繋いでいく事で少ない時間の中でもボールを触れる人数が増え、落ち着いて対処できていた。
メキシコの攻勢が続いていた前半12分小笠原から相手の裏を突いた加地へボールが渡り、唯一中にいた柳沢へピンポイントクロス!
柳沢がDFともつれながら放ったシュートが左角へ転がり


GOAL!!

相手の時間帯で先制点を奪う理想的な展開となった。

点を奪われたメキシコは熱くなってガムシャラに点を奪いに来るかと思いきや、ゆっくりとしたリズムに変えてきた。
焦って追加点を奪われるよりも、まだまだある時間を活かして相手の穴を探り開けて行こう、という腹だ。
メキシコがボールを左へ右へと回すと日本はジリジリと最終ラインが下がり、ボランチもそこへ吸収されていってしまった。
そしてバイタルエリアで2列目に飛び込まれてシュートを許す場面が増えていき、39分、その形でジーニャに見事なミドルシュートを決められてしまった。
前半終了まで残り少ない時間帯。悔やまれる失点だった。

後半に入ってもなかなか攻めの形を作れない日本。
それでも何度か加地が右サイドを突破して柳沢にいいクロスを合わせるが入らない。
対するメキシコは前半途中からと変わらぬペースでパスを散らし、日本ゴールへジリジリと迫っていった。
そして迎えた64分、右サイドからのクロスをフォンセカがヘディング。強いボールが日本のゴール左隅へと鋭く突き刺さってしまった。
日本の空を担っていた中澤の穴を感じた瞬間だった。

何としても点を取らなくてはならなくなった日本だが散発的に高い位置でボールを奪うものの、呼吸が合わずに決定機を作れない。
そのまま1-2で敗戦となってしまった。

この試合で目立ったのは得点にも繋がった加地の突破!
相手のタイミングを外して突破し、クロスの精度も非常に高かったので得点の匂いをさせていた。
また、柳沢も得点しただけでなく、90分間攻撃の組み立てに関与し続け、引き続き好印象。

少し驚いたのは、59分中村→稲本、68分小笠原→大黒、82分茶野→玉田といつになく積極的に動いたジーコ采配。
WCプレ大会を迎えてようやく監督らしくなってきたようだ。

課題は大きく2つ。
1つ目はパスを早く細かく繋がれた時の素早いマークの受け渡し。
今日のように2列目を簡単にフリーにしてしまうとアジアでは警戒する必要の無かった正確なミドルが飛んできてしまう。
2つ目はカウンターをする際の意思統一。
メキシコは人数をかけた攻めをしてきた分、ボールを奪ったときに素早く縦へボールを動かせればチャンスが生まれるはずだったが呼吸が合わず決定機を作れなかった。

またしても南米相手にやられてしまった日本(監督も南米出身なのに)だが、やれるという感触と課題の両方が見つかる素晴らしいテストマッチだった。
メキシコの上手い試合運びも含めて吸収し、今後に活かして欲しい。
(注:メキシコは中米ですよね。謹んででお詫び致します。申し訳ありません。もの凄く恥ずかしい…。)

<追記>
気になったコメントをPick Up。

「今日は通常では起こり得ないミスが起こってしまった 」ジーコ
今迄通りのサッカーが出来ていれば勝てていたと言いたげ。

「チームとして連動しないと」中村俊輔
こちらは、より底上げが必要と感じている様子。

「取りあえず行ってみようと思った」加地
取りあえず(笑)
コメントはアバウトだがプレーは素晴らしかった。
引き続き活躍に期待!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

●FIFAコンフェデ杯●B組 日本×メキシコ まぁ実力の差だろうねぇ。

 FIFAコンフェデレーションズカップ2005ドイツ大会が始まり、予選リーグB組の日本は、ポプラの綿毛の舞う中、FIFAランキング6位、北中米大陸・カリブ海王者のメキシコと戦った。結果は1-2。これが今の日本と世界との差だろう。日本 1 - 2 メキシコ 前半12分:1-

コンフェデ杯残念

サッカー日本代表、残念ながら負けてしまいましたね。柳沢選手がシュートを決めて、先制点を取った時には「もしや?」という気持ちになりましたが、さすがメキシコ、すぐに修正して対応してきました。クゥ~!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。