スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の束 ナビスコ予選第5節柏戦(H)[生観戦]

FC東京観戦記2005
06 /04 2005
久しぶりのフットサルを終え、スッキリグッタリした気分で味スタへ向かった。

東京のシステムは引き続き4-4-2。
栗澤が体調不良でダウンした為、ボランチに文丈が入り宮沢は左SHに回った。

試合が始まると、意外とスムーズに攻撃を仕掛ける東京に疲れが吹っ飛ぶ程ビックリした。
ジェフ戦で書いた通り、機能するにはもっと時間がかかると考えていたからだ。
また、4-4-2にしてから慎重に試合へ入っていたのでこの試合も同じく静かな立ち上がりになるだろうと予想していたのだ。
ただし、4-2-3-1の頃よりもバランスが良いので、気合が空回りしている様子はなかった。
2TOPにした事で中の人数が増え、石川もドリブルするスペースが出来て生き生きしていた。

多くのチャンスを作り、後は決めるだけ、だったのだが決定力不足を露呈し前半を0-0で折り返す。

後半に入っても心配していた運動量のガタ落ちはそれほど感じられなかった。バランスがいいせいだろう。
文丈が下がるまではほぼ東京ペース、チャンスも作るが結局決められず。
内容では圧倒しながらもスコアレスドローに終ってしまった。
ナビスコ連覇の夢は予選落ちという早すぎる結末で砕け散った。

しかし、ナビスコカップの予選にはもう一つ大きな意味がある。
それはもちろん、低迷しているリーグ戦が再開するまでに光明を見出す事だ。
その意味でここ3試合は非常に有意義な試合をしている。
攻撃がスムーズになった今、大きな課題はやはり決定力。
ジェフ戦で書いた事をもう一度書く。
クロスからのシュート練習、そしてセットプレー練習を重ねていけば徐々に勝ち点を重ねていけるようになるだろう。

ジェフ戦で見えた光の束はどんどんと増え、それぞれが太くなっていた。
nabi-51010003s.jpg
それにしても、エントリによってコロコロと口調が変わるのは何故だろう(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。