スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胎動 ナビスコ予選第3節ジェフ戦(H)[生観戦]

FC東京観戦記2005
05 /22 2005
味の素スタジアムは、風と太陽の光が心地よく、最高の環境だった。
東京の相手は先週に引き続きジェフ。Jリーグはもっと考えて日程を組むべきだ。

変化を求めた原監督は祐介&ダニーロの2TOPとした4-4-2でこの試合に臨んだ。
試合が始まると、東京はいつものようにフルスロットルでプレスをかけに行くような事はせず、かなり押さえ気味に試合を進めた。
全力で試合に入り、一息ついた所で失点し後半には息が切れるという悪癖を治す為の施策なのだろう。この施策が奏効し、後半は息切れする事なく最後まで戦えた。

前半20分に失点、と今まで通りの時間に失点し、得点を奪う事無く敗戦してしまったが試みは評価したい。
4-4-2という布陣になって中央からの攻めは更に薄くなったがやり方はハッキリした。今回は得点を奪えなかったが、続けてトライしてリーグ戦再開までにモノのして欲しいと思う。
スタメンに藤田、金沢が入り、文丈も戻ってきた。全体的なチグハグさはそう簡単に解消されないだろうが、クロスからのシュート練習、そしてセットプレー練習を重ねていけば徐々に勝ち点を重ねていけるようになるだろう。

ようやく東京にも心地よい風が吹き、やわらかな光が差し込んできたと思える一戦だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れさん

今日はお疲れ様。
初めての書き込みになるかな。
ナビ杯ということもあってそれほど気合を
いれて観戦したわけじゃないけど感想を。

4-4-2へのシステム変更はルーカスの
不在という要素が大きいように思えます。
前線でポスト役をこなせる選手がいない
ことでこのシステムを選択したと
思いますね。が、ダニーロはキープする
タイプじゃない感じですし、実際試合を見てもむしろ中盤に下がってボールを散らしている感じでした。ユースケは完全に消えていて裏を狙うような動きもありませんでした。
できることならユースケ、ダニーロのコンビネーションプレーを見たかった。
いまの東京はシステム云々以前の問題
のように思えます。

あとダニーロは前半で代えられなきゃならないほど悪いようには思えませんでした。
むしろ左サイドの成光のプレーぶりが
気になりましたね。まあ周りとあまりかみ合っていないというのがあるのかもしれませんが、ナビスコ杯ですしダニーロをフィット
させるべくもっと試して欲しかった。
新たな補強を考えていないなら、後半戦に向けてチームにフィットさせなきゃならない
選手のように思えたからです。

収穫はフミタケの復帰ですね。
彼が入ったことでチームがしまったという
か、まとまった感じで彼の指示とバランスのよい動きでチームが活性化したように
思えました。チーム全体が自信を失って
いる感じなので、こういうときには経験と
実績がありリーダーシップのあるフミさん
の存在感は大きいなぁというのが感想です。

もっとシュートの意識を

東京、だいぶ良くなってきてると思うのですが、
もう少しゴールへの意識が強く持って欲しいですね。
大宮のトゥット、浦和のエメルソン、川崎のジュニーニョ…。
彼らはボールを受けるとき、常にゴールを意識している。
だからトラップした次の瞬間には、ゴールを視野に入れている。
ユースケはあれだけのフィジカルがあるんだから、
その気があればもっとシュートチャンスを増やせるはずです。
FWは一試合に7~8本はシュートを打ってもらいたいですね。
まあ厳しい注文だとは思いますけど、
ユースケにはそれだけ期待してますから、
重戦車のように強引なドリブルでゴールを強襲してほしいです。

>東京CLASSIX さん
お疲れ様でした!
ダニーロは動きがまだまだ少なかったかもしれませんが、メリハリがついていたと思います。ただ、そのタイミングが周りと噛合っていないようでしたね。
戸田が入ると流れがスムーズになった点は見逃せないと思います。

文丈の復活は非常に大きいですね。苦しい今、彼の存在はとてつもなく大きいと思います。
また一緒に応援しましょう!

>たかぴーさん
確かに祐介が打てる場面でためらったり、戸田が絶好の場面でゴールとは逆の方向を向いてボールを受けた場面が見受けられました。練習の問題なのか、精神面の問題なのかは分かりませんが、精進して今後はゴールをたくさん決めて欲しいですね!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。