スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅は楽しめ 第12節ジェフ戦(A)[生観戦]

FC東京観戦記2005
05 /15 2005
14時新宿。
私を含めて14人、友人達の車3台(感謝!!)で臨海へ向かった。

臨海へ着いたのは15時過ぎ。
j120000s.jpg

開門前、水を撒いていた。

開門後は魅惑のグルメタイム!
友人の協力を得て揚げパンと
j120003s.jpg

ナンカレーの入手に成功!

噂通り美味くて大満足!!

席へ戻ると、陽が落ちて臨海ならではの哀愁漂う雰囲気に。
j120005s.jpg

臨海競技場のつくりは非常に簡素で、足場は少しシナる上によく鳴る。
このおかげで跳ねても疲れにくい上、よく音が出て非常に気持ちが良い。

試合は予定通り、19時過ぎに開始。
開始直後から攻め込む東京だが得点を挙げる事はできず、逆に17分に失点という柏戦、鹿島戦でおなじみのパターンで試合は動く。
東京の選手達の勝ちたいという意欲は伝わってくるが、チームとしての連動性が乏しく、個人技に頼った攻撃を繰り返しては食い止められる。
対してオシム監督の下、意思統一の成された攻撃を仕掛けるジェフの攻撃は多彩。見事な連携によって2点目を許す。

後半になってもジェフの優勢は変わらず、東京はチャンスすらわずか。
何としてでも得点を得たい東京はルーカスらを投入して打開を図る。
これが実るのは試合終了直前の89分。ルーカスのゴールが決まるが時既に遅し。
ジェフとの引き分けの歴史に、敗戦という形で幕が下りた。
チームとしての差を見せ付けられたものの最後に意地を見せてくれた選手達。私は控えめではあったが拍手で彼等を迎えた。


敗因は色々と考えられる。
選手達には責任がある。特に個人名を上げるのは非常に心苦しいが、浅利のパスミスは流れを分断した大きな要因だった。
しかし、最後に得点を奪ったように気持ちの面ではある程度評価したい。

私が危機感を感じるのはチームとしての一体感の無さである。
11人が戦ってはいるが、各々が局地戦を戦っているだけで、チームとして組織的に攻撃を組み立てる様がまるで見当たらなかった。
かろうじてサイド攻撃という意識は統一されているものの、どのタイミングで中へ入れるべきか、中の選手はどのタイミングでどの場所で合わせるべきか、が全く噛み合っていなかった。
中央で組み立てる際も、囮となりスペースを作る動きもなければ、2列目以降から飛び出す気配もない。
セットプレーもそれなりに数は得るものの全く点に結びつかない。
開始直後に攻め込んではカウンターで失点という悪い流れも引き継いでしまっている。

この試合、ヒロミの建て直し策に私は期待していたのだが、それは裏切られた。
大宮戦からの進歩は何一つ感じられなかった、というのが率直な感想だ。

6日間、東京は一体何の練習をしていたのだろう。

私は以前、原監督を支持すると書いた。
その気持ちは今も変わらない。監督であり続ける限り支持したい。
彼の下、東京が試練を乗り越え成長する事こそが理想であるし、そうなると信じている、というより、信じたい気持ちだ。
というのも、やはり彼の能力に限界が来ている、という考えも日増しに大きくなる一方なのだ。

私がヒロミに第一に求めるのは笑いではなく、東京というクラブに着実な進歩をもたらしてくれる事である。
ナビスコを挟むものの、次のリーグ戦は7月2日と1ヶ月半の中断期間がある。
ヒロミにはこの期間中、その手腕を大いにふるってクラブを立て直していただきたい。
ヒロミ以外に東京を上昇させる事の出来る監督などいないのだから。

この試合で共に戦った東京サポーターにも言いたい事がある。
主審はあの奥谷氏。後半は確かにジャッジのあやふやな面が出た。
しかし、以前の彼と比べると格段に進歩しているとは感じなかっただろうか?
少なくとも、去年の全体平均レベルよりは安定したジャッジを披露してくれたのではないだろうか。副審の不出来まで彼に被せるのは酷だろう。
正直言ってこの程度で「クソレフェリー」と叫んでも八つ当たりにしか聞こえない。あまりに安易だ。


グルメへの満足と今後への不安が入り混じる中、私達は車に乗り、新宿へ向かった。
車窓から夜景を見ながら友と談笑していると、不思議と負の気持ちがどんどん薄れていき、楽しい気分になった。

帰りはアクアライン経由。途中で降りた場所は海ほたるだった。
j120008s.jpg

ここへ来たのは初めて。はしゃいでパシャパシャと写真を撮った。
j120006s.jpg

撮らずにいられないフラッグ
j120009s.jpg

マフラーかけ忘れる辺りが遠征慣れしていない証拠だ。

夜食を取った後、車に乗り込み再出発。

東京タワーが見えてきた。
j120010s.jpg

非常に美しかったが写真はブレブレ。でも何となく好きになったのでそのままup。

首都高を降りてしばらくすると新宿へ着いた。
丁度日付が変わった頃だった。
今後への不安などよりも、友と遠征に行った楽しさが心に充満していた。
また機会があれば是非一緒に遠征に行きたいと思った。
臨海はもう暫くいいけれど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アウェイ遠征楽しいでしょ~。
スタジアムまでの道中や、試合前のまったり感など、味スタとは一味違った感じがいいよね。
また、遠征行きましょうね。

ところで、昨日は怪我させちゃってすみませんでした。指の具合はいかがですか?

想像以上に楽しかった!

アウェイ遠征楽しかった!
正直、臨海でここまで楽しめるとは思ってませんでした(笑)
その土地その土地で違った味わいがあるんでしょうね。
今は自分で制約を課しているのであまり行けませんが、解けるようになっていずれは行きまくりたいと思います。
その時はよろしくお願いしますね!

あ、指は大丈夫です。
ピアノが弾けなくなったぐらいで…て元々弾けないや(笑)
ですから安心してください。

トラックバック

ジェフ市原・千葉 VS FC東京(J1第12節)

リーグ戦中断前の最後の試合。泥沼のまま終了するか?転機となるきっかけをつかめるかが問われたゲーム。開門前から長蛇の列。アウェイ側に早い時間から大量の人が集まるという異様な状況。しかも、時間がたつうちにどんどん冷え込んでくる。 試合始まって、またまたお

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。