スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jに改革を! ACLでJ勢敗退

Jリーグに改革を!
05 /12 2005
Jリーグにはまだまだ改革が必要だ!

昨日、ACL予選リーグ第5節が行われ、横浜FMが敵地中国で山東に破れた。
この結果、磐田と共に1次リーグでの敗退が決定した。

私はACLを非常に価値の高い大会だと考えている。
この大会を勝つ事でクラブにはアジアNo.1クラブの称号、そして世界クラブ選手権(アジアのクラブにとって貴重な機会だ)が与えられるし、Jリーグにとってもアジアでその価値を向上、誇示する事が出来るチャンスではないか!

延長有PK有の2シーズン制で始まったJリーグは、PKそして延長の廃止を経て、今年から1シーズン制となり1つの区切りを迎えた。
内なる改革にメドがついた今、Jリーグが次なるステップを踏む為には外へ向かう改革が必要だ。
つまり、Jクラブを世界へ進出させる為の改革だ。

何故なら世界の強豪クラブとの対戦こそがJクラブの成長に最も効果的であり、ファンにとっても魅力的であるはずだからである。

Jクラブが世界のクラブと対戦する機会は次の3つだ。
・ACL
・Jリーグ中断期間(例:2003年東京×レアルマドリー、2004年デポル×東京)
・開幕前キャンプ(例:2005年ジェフのトルコキャンプ)

この中でも最も重要な機会がACLである事は上記に書いた理由の通りである。
よって、改革のメインは、いかにJクラブをACLで勝たせるか、となる。

勿論、これまでJクラブがACLで敗退した原因には怪我人や意欲等クラブ自身の問題もある。
しかし、ACL出場クラブ選定、(今週号のサカマガで後藤氏が指摘した)ベンチ枠、接触プレーに過敏な審判、日程、アジア枠など、Jリーグとして改善・検討すべき課題は山ほどある。
これらを乗り越え、

Jリーグよ、アジアNo.1リーグとなれ!

関連エントリ
ACLの価値 
ACLの価値続編 ACL観戦記マリノス×山東
Jリーグの今後

非常に悔しい事だが、FC東京はACLへ参戦した経験が無く、この問題を感覚で捉えることは難しい。
クラブやJのACLに対する姿勢を当のマリノス・ジュビロサポーターはどう感じているのだろうか。
是非意見を聞きたいし、記事があるならば紹介して欲しいのだが、無名なこのブログで願いは叶うだろうか(苦笑)
勿論、東京や他クラブサポの意見も聞かせて欲しい(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

敵状視察 アウェー 横浜戦

あちらはACL敗退の無力感、こちらは得点がいまいち入らない閉塞感の打破のため、ま

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。