スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけは…自分で掴め!! 第10節鹿島戦(H)[生観戦]

FC東京観戦記2005
05 /05 2005
最悪な状態で迎える首位との対戦に昂る気持ちを抑えつつアマスタへ向かった。
ゴール裏も今日の試合がただの1試合ではないと感じ取っていて、東京には珍しく選手アップ時からチャントが始まった。恐らくあのナビスコ決勝以来の事だろう。ただし、あの時のような笑いはない。ただひたすら熱い声援を選手に送った。
fctj101010003s.jpg

試合開始直後、想いを背に受け東京が攻め込み何度か決定機を創るが決まらず、アッサリ先制点を許してからはションボリ。覇気が一気に失せていった。
ゴール裏もややトーンダウンしている人達が見受けられたし私も心はシボんでたけれど自分を鼓舞して声援を続けた。今踏ん張らないでどうする。
しかし、試合の流れは変わらず追加点も許し0-2で折り返した。

HT、悪夢の柏戦が思い起こされた。あんな虚しい想いをしたくは無い、だからこそやれる事は全部やっておきたい、そう思った私はアマスタでは初めてビールを買って飲んだ。アルコールの力が欲しかった、それもあるが、売り子が非常にかわいかったのだ。スケベ心が満たされて元気が出た。

後半が開始されても東京の劣勢は変わらなかった。しかし、そんな流れを変える男がいた。それは東京の選手ではなかった。

そう、師匠だった。
豪快に外れた師匠のPKを機に東京の勢いが出た。相変わらず流麗とは言い難い攻撃だがとにかく気迫に溢れていた。
しかし、押し気味に進めても決定機はわずか。流石首位鹿島。要所を締め、ブーイングを声援として受け取る試合巧者な彼等から東京は点を奪えず試合終了。0-2で敗戦、6連敗となった。

キッカケはタナボタによるものだったものの、戦う気持ちを見せた選手達をゴール裏は拍手で迎えた。無論私も拍手を送った。柏戦とスコアは同じだが、受ける印象は全く違った。東京に「ひたむきなサッカー」が戻ったと感じてホッとした気持ちになっていた。

とはいえ、これから先まだまだ苦しい戦いが待ち受けているだろう。明るい話題はといえば、加地のシュートが枠に行く事とダニーロがホフク前進程度ではあるが徐々にフィットしてきている事ぐらいだ。
しかし、それでも東京の選手達にはしっかり前を向いて戦って欲しい。選手が揃わない中でも後半は戦えたではないか。
立ち直るキッカケを自分達で掴めなかった事こそが一番の問題であろう。
敵は内にある!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

昨日はお疲れ様でした!

昨日のゴール裏、劣勢の中、よく声を出していたと思います。
鹿島の老獪なサッカーにいなされ、
テンションをあげるのが難しい試合でしたけど、
みんな昨日の試合の重要さが分かっていたから、
声を出し続けたのだと思います。
いぎーたさんもお疲れ様でした。

ダニーロははじめてみましたが、テクニックはなかなかですね。
あとはもう少しディフェンスの意識を高めてくれたら…東京にフィットすると思いました。
次の大宮戦、ダニーロに期待がかかります。

Re:昨日はお疲れ様でした!

たかぴーさんお疲れ様でした。
昨日はゴール裏に危機感が漂ってましたね。みんなカラ元気も出して応援していたと思います。

ダニーロは一本惜しいシュートがありましたね。たかぴーさんのおっしゃる通りディフェンスの意識を高めてくれれば周りの選手も信用するようになると思います。確実に進歩していると感じる反面、苦しい状況だけにもっと歩幅を広げて欲しい想いもあります。大宮戦では点に絡む働きを期待しましょう!

トラックバック

鹿狩り

スタジアムはいい雰囲気だったね。40300人も入ったし。 ちょっと悲壮感漂ってた感もあるけど。。 なんだかなぁ。 失点するタイミングが悪いんだよね。。 1点目はこっちにまだ流れがあったとき。2点目は前半終了間際。 それに、失点しちゃうと選手もベンチもゴール裏も意気

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。