スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺り損ね殺られる 第9節大分戦(A) [TV観戦]

FC東京観戦記2005
05 /02 2005
川崎×千葉より一時間前に始まっていた大分戦。
結果を既に知っていたためテンション低めながらも再生ボタンをポチッとな。

試合開始早々から仕掛ける東京。これまでの流れを変えようと攻めにかかる。
しかし、石川のシュートはバーを叩き戸田がドフリーで放ったシュートは枠の外。
いい流れの時に決めきれず主導権を握りそこね、規郎・ルーカスが負傷してどんどんとパワーダウン。
逆に大分に2つの決定機を許し両方キッチリ決められてしまった。
東京は栗澤が入って流れがスムーズになり、その栗澤のFKが大分GKの判断ミスを誘いゴール。
しかし、反撃もそこまで。5連敗となってしまった。

昨日観戦した川崎とは逆に「決めるべき時に決めなければ勝てない。」というJ1の鉄則を改めて思い知る事になった。
負傷退場というアクシデントの影響は多分にあるが、その前に先制点を取っていれば流れは変わっていたはず。
負けるべくして負けた、とういうのが率直な感想だ。

ただ、結果を知りつつ観たのは敗因分析だけが目的ではない。
むしろ、柏戦では無かった「闘志」を感じられるかどうか、が私にとって重要だった。
その点で選手からは(一部を除いて)充分に感じられたので安心した。
茂庭はまだ完調に程遠いし石川も調子を落として笑顔が引きつり気味だったが何とかしたい、勝ちたいという気持ちがヒシヒシと感じられた。復帰したばかりの加地が前半はいい動きを見せ、迫井はスクランブルながら左SBで奮闘していたのも収穫だ。
鹿島戦では東京の原点である「ひたむきな」サッカーを披露してもらいたい。

最後に大分に貸している阿部ちゃんの感想。
正直全く成長を感じない。シュートを打たない分寧ろ後退している感すらある。MFである事を差し引いても、だ。
まだまだ試合はあるので阿部ちゃんの今後に期待すると共に、東京の選手達には今のままの阿部ちゃんでは帰る場所が無い、と言えるぐらい逞しくなって欲しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。