スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺らねば殺られる 川崎×千葉[生観戦]

Jリーグ
05 /01 2005
ゴールラッシュを期待して、やって来たは等々力競技場。対戦カードは川崎×千葉。
今回も天候に恵まれ気持ちよく観戦できそうだ。
kawa01s.jpg

前半は、川崎のぶ厚い人垣の前に攻めあぐねる千葉に対し、カウンターを仕掛けるもののラストパスの精度を欠く川崎という構図。
特に気になったのは千葉の持ち味である運動量が並であった事。連戦で疲労しているのは間違いない。

前半を0-0で折り返し、後半になると運動量が増し攻めにかける人数に勝る千葉が押し気味に進める。
そうして後半15分この試合最大の人数と手数をかけて決定機を迎える千葉、遂に一点先取か!と思われたがシュートは阻まれ逆に川崎が電光石火のカウンター!
千葉のシュートから体感速度約10秒で放たれた川崎のシュートが千葉のゴールを突き刺し川崎先制!!

先制され選手交代を含めて攻めにかかろうとする千葉だが、より守備専念の色が濃くなった川崎に阻まれシュートに至らずカウンターの場面ではジュニーニョ一人にてこずる。
残り10分を切ると、御馴染みの選手交代による守備固めを図る川崎。システムを表すと7-2-1に見える。
時間稼ぎやハッキリしたクリアには成長が見られるものの、浦和戦の時から変わらずラインはずるずる下がり人数の割に空いている箇所が多くとても褒められない状態なのだが、結局それでも千葉を完封した。

川崎ダービー観戦記では、

以前、川崎にリーダーが現れるのが先か、勝って自信をつけるのが先かと書いた。
観た限りズルズル下がる悪癖が直ったように思えない。
今後、同じ戦いを続けて勝利を重ねられるかといえば疑問だ。
今日の第一歩を機に後者の道を歩み始めるのだろうと思う。


と書いた。
確実に川崎は歩みを進めている。
そして今日、
「決めるべき時に決めなければ勝てない。」というJ1の鉄則を千葉に思い知らせる事となった。
初勝利までに産みの苦しみを味わい勝利の重みを知る川崎は「集中力」という武器を身につける事に成功していた。

さて、今現在最も産みの苦しみを味わっているチームは我が愛する東京だろう。
不本意ながら友人のHTでのつぶやきによって、大分戦での結果は知った。
勝利に向かって真摯に取り組めているのだろうか、それが一番の心配だ。
柏戦のような試合を重ねても事態が好転する事は無い。
何があっても立ち上がり、力の限りもがいてこそ結果は出るのだ。
多摩川ダービーまであと2ヶ月。お互い成長した姿で迎えたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。