スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎にも壁が 川崎×名古屋[生観戦]

Jリーグ
04 /17 2005
穏やかな陽気と表現するにはやや陽射しの強い春の午後、等々力競技場へと向かった。
川崎のほのぼのとした雰囲気が昨日浦和戦での敗戦を忘れさせ純粋にサッカーを楽しめるのではないかと思ったのだ。

結果は0-2でアウェー名古屋の勝利。
お互いが中盤で激しくボールを奪い合いフィニッシュの少ない試合だった。
名古屋はセレッソに2度カウンターで沈められた経験からかバックラインで常に数的優位を保ち、中村・本田とタメを作れる選手がボールを持ってもオーバーラップを自重。
攻撃の要ジュニーニョを前節の怪我で欠いた川崎はこのブ厚い守りを崩す事が全く出来ず、中村のFK、マルクスの突破という個人技の前に敗れる事となった。
特に名古屋のマルクスはこの試合で数少ない魅せるプレーを披露してくれた。体の使い方一つで川崎DFを翻弄する様は言い古された表現だがまるで闘牛士のようだった。
また、注目の選手の一人本田は特に素晴らしいという出来ではなかったが違和感なくプレー。年齢を考えると将来が非常に楽しみだ。

名古屋は先日の東京戦といい、対戦相手によって戦術を変えながらも意思統一されたプレーで勝ち点を奪う柔軟性が出てきた。
取りこぼしの多かった名古屋だが今年は勝負に徹している感がある。
今後ますます上昇していくのではないだろうか。

対して、川崎の今後は厳しい見通しだ。
自分達のサッカーはJ1でやれるという手応えは既に掴んだ。
では、させてもらえない時にどう打開するのか。
対戦相手は名古屋と同様の戦術を採る事が多くなるだろう。
その時、ジュニーニョの突破以外にどういった選択肢を持つ事が出来るか。
これを作り上げるには時間がかかるだろう。東京も同じ道を歩み未だその途中だ。
お互いに辛抱強くしかし着実に登る事が大切だ。

試合自体はエンターテイメント性に富んでいたわけではなかったが、ゆったりとした気分で季節を感じながら観る試合もまた良いと思った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。