スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を越えろ 第6節浦和戦(H)[生観戦]

FC東京観戦記2005
04 /16 2005
12時半。飛田給駅改札は既に混雑していた。改めて浦和の動員力に驚かされる。
待ち合わせた友人と味スタへと向かう車道には警官と特別車両が多く配備されており普段とは違う物々しい雰囲気だった。
普段あまりしない開門待ちを経て中に入り、弁当を食べたりしながら試合開始の笛を待った。
この日のスタメンは前節怪我をした藤山、茂庭に代わって前田、増嶋が入っただけでなく宮沢もベンチ入りすらしておらず代わりに浅利が入っていた。
これを知った時点で後半勝負である事は容易に想像がついた。浅利に代えて梶山を投入する事が攻撃への合図となるだろうと。

試合が始まると東京はベタ引き。高い位置からどんどんとプレッシャーをかけていた去年までの浦和戦とはまるで違う戦い方だった。この前半に限っては「引きこもりサッカー」と揶揄されても仕方がない。
当然ボールを奪う位置も低くなりカウンターも効果的なものは少なく、時折見せるルーカスの個人技が数少ないチャンスとなっていた。何より宮沢の欠場によりピッチを広く使った攻撃が見られず狭いサッカーに終始してしまっていた。
心配していたDFラインだったが前半はよく相手のボールを跳ね返していた。明らかに去年永井にやられた前田が狙われていたが何とか持ちこたえていた。
得点の匂いを感じることは無かったが失点の危険もそれほど感じる事なく前半を終えた。
前半途中土肥が時間稼ぎをするプレーが見られた。前半、ホーム、スコアが0-0である事を考えると非常に寂しいが、後半勝負なのだと確信したプレーだった。前半を0-0で折り返した事は東京にとってシナリオ通りだったはずだ。

後半が始まると東京は前からプレッシャーをかけるようになった。
前半とは明らかに違う動きに期待がかかったが間もなくして左サイドを突破され失点。
当然点を取りに行く東京だが攻めの形を作れず少ないチャンスにも決めきれない。途中投入された梶山、祐介は前節に続いて機能せず規郎も突破口とは成り得なかった。
結局CKから追加点を奪われ0-2で敗戦。
浦和に初白星を献上してしまう事となってしまった。
緑、磐田と並び結果を優先したい相手だっただけに悔しい。

この試合で感じた事は横浜FMと東京ではまだかなりの差があるという事だ。
主力3人を失うとと戦い方が変わってしまうのは両チームとも同じだろう。
しかし、それでも勝ち点を奪ってしまうチームと奪えないチーム。両者には大きな隔たりがある。
それは主力と代わりの選手の質の差が原因なのか?
私はそうは思わない。
現時点での戦力をどう勝ち点に結びつけるか。
チームコンセプトは変えず戦力によってどうアレンジするかの差ではないだろうか。
ピッチを広く使える宮沢、スピード豊かで一対一にも強い茂庭、運動量豊富な右SB加地更には守備のユーティリティプレイヤー藤山も失ってしまった。
残った戦力でどう勝ち点に結びつけるか。
前半耐えて後半に点を取りに行くという意図は見えた。
しかし、どうやって取りに行くのかは見えなかった。
梶山に宮沢と同じ役割を期待するのか、祐介を使ってパワープレーに持ち込むのか、あるいはファウルをもらって規郎の左足FKを活かすのか。選手達の意識は統一されておらず選択に迷いがあるように見えた。
そして何よりチームコンセプト「切り替えの速い、全員守備・全員攻撃のサッカー」を実現出来ていなかった。

次節までには一週間ある。
現有戦力でいかに戦い勝ち点を奪うのか。チームコンセプトに沿った上で明確に意識が統一された試合をしてくれる事を期待する。
この壁を越えれば見える景色が変わるはずだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

育てながら勝つ

後半、勝負をかけにいった矢先の失点…これが痛かった。
あのあとは、何か後手後手に回る展開になってしまった気がします。
次節はいぎーたさんの言うとおり、
どうやって勝ち点を奪いにいくのか、
チームで意識を統一して頑張ってもらいたいです。

でもこんなこと言ってちゃ甘いのかもしれないですけど、
昨日は増嶋のヘディングシュート、規郎のFKなど、
個性溢れるプレーが見られ、個人的には楽しかった。
彼らにはホント可能性を感じます。
将来は世界に羽ばたいてもらいたい。
若手を育てながら勝つ。原さんにはそこまで期待したいですね(^^)

Re:育てながら勝つ

東京は個性のハッキリした選手が多いですね。
原監督を始めフロントの努力の賜物だと思います。
自らが育んだ個性を生かしてどう勝利へと結びつけるか。
チームの成長過程を楽しみつつ応援したいですね!

トラックバック

反対側からの観戦記 アウェー F東京戦

江戸の華   「攻めて取る。攻めて獲る。」という攻撃的なスローガンを掲げる2位の

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。