出来すぎたドラマ 第4節 川崎戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
03 /19 2017
期待と緊張で迎えたタマシコ。

でも、その前にコラシコ。
ちびっ子達なのだけど、プレー選択は大人のソレ。ボールにみんな群がるわーわーサッカーなんて今や10歳以下の子でもしないのね。時代ってこんなに急激に変わるものだったっけ。
もはやこの子達から自分がボール奪うことは無理だろうな。来る前に丁度フットサルしてたから余計にシミジミ思った。
0-2から2-2に追いつく試合展開も含めて楽しませてもらった。

さて、前節ではガンバ大阪に完敗を喫した東京。
しかし、間に挟んだルヴァンカップをそれまでのベンチメンバー主体で臨み、仙台相手に大勝。
結果を示した選手達がタマシコの大一番でいかに起用されるかが注目点の一つで、大久保がスタメンから外れるなんてことも頭をよぎらないではなかった。
フタを開けてみると東→阿部にスタメン変更。同じく活躍したウタカや草民もしっかりベンチに入っていた。

20170318
鮮やかな青赤に染まるゴール裏。

前半はやや硬い立ち上がりながらも互いに見せ場を作った。
東京は守備に入るとバイタル付近までボヤけていて川崎の自由にさせ過ぎていた印象だが、阿部効果で、これまでに比べ攻撃へのスイッチがスムーズに入る。
大久保がオフサイドで取り消されたゴールの他、バイシクルシュートを放つなどスタジアムの期待を高めていった。

対する川崎は登里がドリブルから丸山を振り切ってシュートを放つも、林がしっかり阻む。
林の補強は本当に大きい。既に多くの勝ち点をもたらしてくれている。

後半も互いに譲らず62分、永井に代わってウタカが入る。
流れが明らかに変わったのは68分に橋本→草民の交代からか。
この日の拳人はなぜかプレー判断が遅く、ピンチやノッキングを招いてしまっていた。
流れがスムーズになり波状攻撃から遂に76分、川崎側の堤防が決壊。OGで1-0。阿部の突破から生まれた。
86分には太田の緩急を活かした突破と完璧なクロスからウタカのボレーで2-0。
そして!92分にはウタカとのワンツーから大久保が遂にゴールゲット!
出来すぎたシナリオで3-0の快勝!!

いやー、こんな超楽観主義者のベタ予想みたいな展開で勝つことってあるんですね。東京が!
大久保もこの先は力みが取れてゴールを量産してくれるだろうし、ウタカも短い時間でまたも才能を爆発させてくれた。キャラもいいから雰囲気も良くなる。
3万6千人も入った試合で勝ったのも大きいな。帰りのコンコースを歩きながら何度「最高!」と聞いたか。
私も思わずタマシコグッズを買ってしまったし。
2週間後の次の試合まで何度噛み締めてもおいしい味の出そうな試合であった。
ああ楽しい。
スポンサーサイト

いぎーた

FC東京が気になる人.