日本が強くなるために。

日本代表
06 /30 2006
日本代表が恒常的にワールドカップでグループリーグを突破するには「個」の向上が必要です。

では、「個」の向上のためには何が必要か。

大前提として、日本サッカーそのものが強くなる必要がありますよね。
日本サッカーの構図を描くならば、「代表」を頂点としてその下を「Jリーグ」が支え、更にその下にいくつもの階層を経て「普及・育成活動」を底辺としたピラミッドになるでしょう。
このピラミッドの底辺を拡大し、頂点を高め、間を密に埋めることが日本サッカーの強さに繋がるのです。
そこで、頂点である「代表」とそれを支える「Jリーグ」そして「普及・育成活動」の3点から話を進めていこうと思います。

まずは頂点である「代表」ですが、ここ数年カテゴリーを問わず停滞しています。
日本サッカーの顔とも言えるA代表は'06年ワールドカップでご存知の通り1分2敗でグループリーグ敗退という結果に終わり、内容も惨憺たるものでした。課題を常に先送りしていたツケが本番で出てしまったのです。
それを気付かせ修正を促がすべき技術委員はこの4年間、全く機能しなかったと言っていいでしょう。田嶋技術委員長は事が落ち着き次第辞任すべきだと考えます。
そしてジーコ監督を“独断”で選択した川淵三郎氏もまた、責任逃れの為に故意にしたとも思える失言合わせて責任は重く、代表に関する仕事から手を引くべきだと思います。しかし、辞任すべきだとは思っていません。その理由については後述します。

他に目を向けても、五輪代表(U-23)がグループリーグ敗退、U-20はグループリーグこそ突破したものの1勝も出来ず、と3連覇を達成したユニバーシアード代表を除いて世界大会で全く結果を残せていません。
更に問題なのが、A代表はポゼッションサッカー、U-23はハーフカウンター、U-20はドン引きのカウンターサッカーと、コンセプトが全く共有されていなかった事です。A代表では個だけでサッカーをしながら、個を育てるべきカテゴリーで個を殺したサッカーをする矛盾。これでは日本サッカーの確立など出来ませんよね。
代表事業に関する人事を刷新し、一貫したコンセプトで代表強化が出来る組織作りをすべきだと思います。


「代表」の基盤となる「Jリーグ」もまた、停滞していると言っていいでしょう。
何も、Jリーグが全く進歩していないとは言いません。ただ、世界がJ以上の速さで進んでいるのです。
その象徴がACL。舞台は世界ではなくアジアであるにも関わらず、Jリーグのクラブはグループリーグで敗退しているのです。つまり、Jリーグは東アジアという地域においてすら最高のリーグとは言えないのです。
その要因として考えられてきたのが日程問題なのですが、今年は他国クラブもハードスケジュールの中で戦っており、理由になりません。ガンバ大阪を破ったあるクラブの監督が発した「日本人はプレッシャーをかければ技術を発揮できない」という指摘を重く見るべきです。東アジアのクラブのプレッシャーにJリーグ王者が苦しむのです。

現状を打破するには意識改革から始める必要があるでしょう。
かつて、ジュビロ磐田がレアルマドリーと戦う事を意識しレベルアップする事でJリーグそのもののレベルが上がった時期がありました。しかし、今のクラブに、アジアを勝ち抜き、クラブ世界選手権で良い成績を残そうという気概はまるで感じられません。来期に向けて浦和が準備している程度ですよね。Jリーグの各クラブ、特にJ1のクラブにはおれ達が日本サッカーをリードするのだ、という気構えを持って戦って欲しいと思います。
環境整備もまだまだ必要です。
毎年冬の時期になると話題になる天皇杯の日程とACL出場権問題がその最たる例です。
また、出場機会が少ない選手の試合勘を取り戻させるためにサテライトリーグ充実も必要でしょう。(JFLクラブなどと提携するなどの形で解決に取り組んでいるクラブもあるので情報交換を活発にすべき)
その他、個人的にはアジア最高リーグを志し、アジア人枠を1枠設けてもいいと思っています。


次に「普及・育成活動」について。
全国のサッカー人口を増やし、その中から金の卵をもれなく発掘し、優れた指導者の下で彼らに見合ったレベルの競争をさせて育て、Jリーグに辿り着くような体制をJリーグ各クラブと協力して作る事です。つまり、今現在取り組んでいるであろう事の精度を上げるだけでしょう。
特にFWの発掘は急務と言えます。Jリーグですら、日本人得点王は'02年の高原以降輩出されていないのですから。教えられないものを最初から持った人材は日本にも必ずいるはずです。釜本や久保のような人材が。

さて、「普及・育成活動」とは草の根運動で、手間と時間がかかります。
そこで必要とされるのが川淵三郎氏なのではないでしょうか。
日本サッカー界に彼ほど顔の利く人材は他にいません。何事も人と人が会話して進むのですから、彼が出れば進展が早くなる事も多いでしょう。
川淵三郎氏の辞任に反対する理由はここにあります。彼を失う事は我々サッカーファンにも、サッカーファン予備軍にも不利益だと思うのです。
彼自身、「日本代表だけでなく、草の根のサッカー普及の為にも、今後も日本サッカー協会に尽力したい。」と語っています。日本代表はスッパリ諦めていただきたいのですが、草の根運動は引き続き頑張り、キャプテンズミッションを遂行して欲しいと思います。

育成についてですが、個を育てるために重要なのは、協会などが秩序と自由の境界線をハッキリさせる事だと思います。
これまでのように「中学、高校と監督は絶対という指導」(阿部吉郎選手談)では「個」は育ちません。少なくとも、試合中に臨機応変に的確な判断を下せるような選手になるのは難しいのは明らかです。
かといって、何もかも選手に判断させていてはジーコジャパンのように崩壊するのもまた明らか。チームプレーである以上、秩序は絶対に必要です。
今年高校サッカー選手権で優勝した野洲高校はいい例ですよね。創造性を駆使した攻撃のベースには自分達で「判断」する拠り所となる秩序がありました。彼らのように「個」を活かすための自由と秩序の境界線を協会が示し、全国に広めるべきだと思うのです。

「個」の向上のために必要なのは何か。
フィジカルを鍛える事、ボールキープ技術、パス技術を磨く事は勿論大切です。
しかし、それらスキルを適切な場面で引き出す「判断」が最も重要なのではないかと思います。
それがあれば戦ううちに、自分が何を武器とすべきか、何を克服すべきかが分かってくるはずですし、レベルやステージが上がっても動じないでしょう。
また、組織だけでは太刀打ちできないような相手と対戦する事も必要でしょう。
考え、実践するチャレンジの場(つまり、負けられないトーナメント戦よりもリーグ戦)、そして自分達とは違う相手、少し格上の相手と戦う事が必要です。
今や韓国、中国といった場所は国内と変わらない感覚で行けるはず。Jは勿論、その下の世代でももっとアジア交流戦があっていいのではないでしょうか。
また、代表においても“集金”目的に腑抜けた相手を呼び国内で試合をするのではなく、アジアの他国に出向いてアウェーの地で真剣勝負する“強化”試合をするべきです。

「個」の向上のキーワード。
それは「判断」と「アジア」ではないでしょうか。
スポンサーサイト

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。