勝ちは価値 

日本代表
03 /30 2005
テヘランでの敗戦を経て今日はホームでバーレーン戦。
何が何でも勝ち点3の欲しい試合で見事勝ち取る事に成功しましたね。
試合内容は大して決定機を創れず唯一の得点もプレゼントのような形で得たものでしたが、悪くても結果を残す事が重要なので合格です。


今日の試合で感じた事

最前線の軸はやっぱり師匠!!

そりゃ勿論点の取れるCFWがいれば理想ですが唯一得点を期待できる久保の復帰の目処が立たない以上、守備をしっかりして尚且つファールの取れる師匠が最前線の軸になるのは当然だと思います。
今日の前半では裏に抜ける動きで相手DFのラインを下げさせたり得点の匂いがするシュートを放ったりと期待以上の出来でした。
日本がボールを持てるようになった後半に、仕掛ける事でファールの取れる玉田と交代したのも試合の流れ上仕方ないでしょう。
もう一人最前線にいたスシ。今日は守備の面で前回より貢献度が高かったですね。
ただ、ボールを持った時の働きは中途半端でした。ドリブルするならちゃんと抜けてシュートまでもってって欲しいし出来ないのならばファールを誘って欲しい。シュートを打っても枠の外。
師匠の貢献度と比べると物足りなさを感じました。

チーム全体としては未だにボールの奪い所が定まっていないな、と感じました。特に日本の得点後高い位置で奪い取ろうとする前線に対してDFは引いて守ろうとしていたのでバイタルエリアを自由に使われてしまっていました。この課題はいつ解決されるのでしょうね。

ま、とりあえず勝ったので一安心です。

代表は内容より結果ですから!
スポンサーサイト

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。