日本が強くなるために。

日本代表
06 /30 2006
日本代表が恒常的にワールドカップでグループリーグを突破するには「個」の向上が必要です。

では、「個」の向上のためには何が必要か。

大前提として、日本サッカーそのものが強くなる必要がありますよね。
日本サッカーの構図を描くならば、「代表」を頂点としてその下を「Jリーグ」が支え、更にその下にいくつもの階層を経て「普及・育成活動」を底辺としたピラミッドになるでしょう。
このピラミッドの底辺を拡大し、頂点を高め、間を密に埋めることが日本サッカーの強さに繋がるのです。
そこで、頂点である「代表」とそれを支える「Jリーグ」そして「普及・育成活動」の3点から話を進めていこうと思います。

まずは頂点である「代表」ですが、ここ数年カテゴリーを問わず停滞しています。
日本サッカーの顔とも言えるA代表は'06年ワールドカップでご存知の通り1分2敗でグループリーグ敗退という結果に終わり、内容も惨憺たるものでした。課題を常に先送りしていたツケが本番で出てしまったのです。
それを気付かせ修正を促がすべき技術委員はこの4年間、全く機能しなかったと言っていいでしょう。田嶋技術委員長は事が落ち着き次第辞任すべきだと考えます。
そしてジーコ監督を“独断”で選択した川淵三郎氏もまた、責任逃れの為に故意にしたとも思える失言合わせて責任は重く、代表に関する仕事から手を引くべきだと思います。しかし、辞任すべきだとは思っていません。その理由については後述します。

他に目を向けても、五輪代表(U-23)がグループリーグ敗退、U-20はグループリーグこそ突破したものの1勝も出来ず、と3連覇を達成したユニバーシアード代表を除いて世界大会で全く結果を残せていません。
更に問題なのが、A代表はポゼッションサッカー、U-23はハーフカウンター、U-20はドン引きのカウンターサッカーと、コンセプトが全く共有されていなかった事です。A代表では個だけでサッカーをしながら、個を育てるべきカテゴリーで個を殺したサッカーをする矛盾。これでは日本サッカーの確立など出来ませんよね。
代表事業に関する人事を刷新し、一貫したコンセプトで代表強化が出来る組織作りをすべきだと思います。


「代表」の基盤となる「Jリーグ」もまた、停滞していると言っていいでしょう。
何も、Jリーグが全く進歩していないとは言いません。ただ、世界がJ以上の速さで進んでいるのです。
その象徴がACL。舞台は世界ではなくアジアであるにも関わらず、Jリーグのクラブはグループリーグで敗退しているのです。つまり、Jリーグは東アジアという地域においてすら最高のリーグとは言えないのです。
その要因として考えられてきたのが日程問題なのですが、今年は他国クラブもハードスケジュールの中で戦っており、理由になりません。ガンバ大阪を破ったあるクラブの監督が発した「日本人はプレッシャーをかければ技術を発揮できない」という指摘を重く見るべきです。東アジアのクラブのプレッシャーにJリーグ王者が苦しむのです。

現状を打破するには意識改革から始める必要があるでしょう。
かつて、ジュビロ磐田がレアルマドリーと戦う事を意識しレベルアップする事でJリーグそのもののレベルが上がった時期がありました。しかし、今のクラブに、アジアを勝ち抜き、クラブ世界選手権で良い成績を残そうという気概はまるで感じられません。来期に向けて浦和が準備している程度ですよね。Jリーグの各クラブ、特にJ1のクラブにはおれ達が日本サッカーをリードするのだ、という気構えを持って戦って欲しいと思います。
環境整備もまだまだ必要です。
毎年冬の時期になると話題になる天皇杯の日程とACL出場権問題がその最たる例です。
また、出場機会が少ない選手の試合勘を取り戻させるためにサテライトリーグ充実も必要でしょう。(JFLクラブなどと提携するなどの形で解決に取り組んでいるクラブもあるので情報交換を活発にすべき)
その他、個人的にはアジア最高リーグを志し、アジア人枠を1枠設けてもいいと思っています。


次に「普及・育成活動」について。
全国のサッカー人口を増やし、その中から金の卵をもれなく発掘し、優れた指導者の下で彼らに見合ったレベルの競争をさせて育て、Jリーグに辿り着くような体制をJリーグ各クラブと協力して作る事です。つまり、今現在取り組んでいるであろう事の精度を上げるだけでしょう。
特にFWの発掘は急務と言えます。Jリーグですら、日本人得点王は'02年の高原以降輩出されていないのですから。教えられないものを最初から持った人材は日本にも必ずいるはずです。釜本や久保のような人材が。

さて、「普及・育成活動」とは草の根運動で、手間と時間がかかります。
そこで必要とされるのが川淵三郎氏なのではないでしょうか。
日本サッカー界に彼ほど顔の利く人材は他にいません。何事も人と人が会話して進むのですから、彼が出れば進展が早くなる事も多いでしょう。
川淵三郎氏の辞任に反対する理由はここにあります。彼を失う事は我々サッカーファンにも、サッカーファン予備軍にも不利益だと思うのです。
彼自身、「日本代表だけでなく、草の根のサッカー普及の為にも、今後も日本サッカー協会に尽力したい。」と語っています。日本代表はスッパリ諦めていただきたいのですが、草の根運動は引き続き頑張り、キャプテンズミッションを遂行して欲しいと思います。

育成についてですが、個を育てるために重要なのは、協会などが秩序と自由の境界線をハッキリさせる事だと思います。
これまでのように「中学、高校と監督は絶対という指導」(阿部吉郎選手談)では「個」は育ちません。少なくとも、試合中に臨機応変に的確な判断を下せるような選手になるのは難しいのは明らかです。
かといって、何もかも選手に判断させていてはジーコジャパンのように崩壊するのもまた明らか。チームプレーである以上、秩序は絶対に必要です。
今年高校サッカー選手権で優勝した野洲高校はいい例ですよね。創造性を駆使した攻撃のベースには自分達で「判断」する拠り所となる秩序がありました。彼らのように「個」を活かすための自由と秩序の境界線を協会が示し、全国に広めるべきだと思うのです。

「個」の向上のために必要なのは何か。
フィジカルを鍛える事、ボールキープ技術、パス技術を磨く事は勿論大切です。
しかし、それらスキルを適切な場面で引き出す「判断」が最も重要なのではないかと思います。
それがあれば戦ううちに、自分が何を武器とすべきか、何を克服すべきかが分かってくるはずですし、レベルやステージが上がっても動じないでしょう。
また、組織だけでは太刀打ちできないような相手と対戦する事も必要でしょう。
考え、実践するチャレンジの場(つまり、負けられないトーナメント戦よりもリーグ戦)、そして自分達とは違う相手、少し格上の相手と戦う事が必要です。
今や韓国、中国といった場所は国内と変わらない感覚で行けるはず。Jは勿論、その下の世代でももっとアジア交流戦があっていいのではないでしょうか。
また、代表においても“集金”目的に腑抜けた相手を呼び国内で試合をするのではなく、アジアの他国に出向いてアウェーの地で真剣勝負する“強化”試合をするべきです。

「個」の向上のキーワード。
それは「判断」と「アジア」ではないでしょうか。
スポンサーサイト

日本は何故GLを突破出来なかったのか。

日本代表
06 /28 2006
日本は何故GLを突破出来なかったのか。

それは選手達が下手だから。

簡単に言えばこれがおれの出した結論です。

そんな事は分かっている、だからまともな監督が必要なんだ、という意見もあるでしょう。
しかし、素晴らしい監督でも補えないほど選手個々の力量において世界とは差があると思うのです。

確かに、監督の力量や4年間の過ごし方次第では“F組”を突破出来る可能性はありました。
「組織」から「個」を志向した戦いへ急激にシフトし、その舵取りを素人監督ジーコに独断で託した川淵三郎氏(詳しい経緯については「KET SEE BLOG」さんや「やる気のない日々」さんを参照して下さい)の責任は非常に重いですよ。

一方でジーコ氏は何故監督を引き受けたのでしょうか。
当初はテクニカルディレクターを希望していたものの、熱意に折れる形でオファーを受けたジーコ氏には賭けに勝つための勝算がありました。
就任インタビューで彼は「日本には若い世代に才能を持った選手が沢山いる。代表の基盤となる彼らは海外でプレーし、多くの経験を積んで才能を開花させる事が出来るはずだ。」と述べています。彼は日韓大会を戦った「才能」と「ノビシロ」に溢れる選手達をのびのびとプレーさせれば本大会で好成績を残せるはずだと考えたのです。
この見込みが相当に甘いのですが、海外組の「伸び悩み」が追い討ちをかけてしまいました。能力向上を果たせないばかりか試合勘とコンディションに問題を抱えて帰ってくる海外組に追い出されては国内組もたまったものではありませんよね。結果、日本代表は海外組の調子が良く、ベテランの尽力で一体感を保てた時にしか力を発揮できないチームになってしまいました。
更にはジーコ氏が信頼という名の盲目で新たな戦力発掘を怠った事も大きな過ちだったと思います。実績偏重の選出が日本人選手の活気を削いだだけでなく、レギュラー組とサブ組との間に実力差以上の壁を設けた事がチームの一体感を損ねました。

ではもし仮に川淵氏がソフトランディングを選択し、監督に日本人選手を熟知し「個性」と「組織」を両立させられる人物を据えられたらどうなっていたでしょうか。
おれはワールドカップグループリーグをJリーグに例えるなら、日本代表は今話題のオシム監督率いるジェフに例えられると思います。(ジェフ好きの方々すいません。)
近年のジェフは「組織」によって「個」が充分活かされているものの小粒なために優勝には届かず、優勝争いするかどうかといったところですよね。
同じように、日本代表も善戦はするでしょうけれど、「組織」では埋めきれないほど、他国(グループ2位通過国)との「個」の差が大きいように思うのです。

結果的にクロアチアが思ったほどの実力を発揮しなかったF組は楽なグループでした。それでも、突破したオーストラリアには(近年調子を落としているとはいえ)ビドゥカ、キューウェルといったタレントがいる上で名将ヒディンクが指揮を執っていたのです。他のグループに目を移せば尚更、日本がどんな名将を迎え入れたとしても突破が厳しかったであろうことは容易に想像がつくでしょう。何しろグループによってはチェコやコートジボワールといった力のある国でさえ敗退してしまうのですから。

名将を迎え、4年間どんなに正しい道を進んだとしても日本のGL突破がおぼつかないように思えるのは何故か。

それは選手達が下手だからです。

ここが何よりの問題です。
一番重要な得点するための具体的な武器が中村のFK以外に無く、チャンスを創るための高さ、速さはもとより、運動量でも劣り、得意と言われていたパスまでもがプレッシャーに晒された中では著しく精度を欠きました。その上最後まで諦めずに戦うフィールドプレイヤーが中田英寿ただ一人ではどんな策を用意しても勝てる見込みなどありません。

今後、日本が強くなる為に代表監督に名将を迎えることは確かに必要ですよ。短期間のうちに日本が素っ裸で強国とまともに戦えるようになるほどサッカーは甘くありませんから。
しかし、それよりも重要なのは選手自身の「個」を上げる事です。「個」の無い「組織」がまばゆい光を放つはずありません。
では、どうしたら「個」は上がるのか。
次回、おれなりの提案をしたいと思います。

全てを受け入れよう。そして前へ進もう!! ワールドカップ2006ドイツ大会 F組第3節ブラジル戦

日本代表
06 /23 2006
最低でも2点差以上つけて勝たなければグループリーグを突破出来ない状況で迎えた最終節。
相手に迎えたのは既に2勝し、メンバーを半分落とした王者ブラジルでした。
2006000107.jpg

前半、圧倒的な技術の差に苦しみながらもなんとか耐え凌ぎ、34分には三都主のスルーパスをPA内左寄りで玉田が受けダイレクトシュートで先制!
理想的な試合運びでしたが前半ロスタイムに決められ同点に追いつかれると一気にションボリ。
後半は覇気の無いままいいようにされてしまい、失点を重ねて1-4で敗戦となりました。

1分2敗でのグループリーグ敗退は期待から程遠い結果ですよね。
日本を何度も窮地から救ってきた豪運も観られませんでした。

残念だったのは、その運を引き寄せる粘り強さが全く見られなかった事です。
ジーコジャパンの特徴は、試合が終るまで諦めなかったことではないでしょうか。グダグダの試合をしながらも最後に決めて結果だけは残す、その運を引き込むしぶとさがジーコジャパン最大の武器だったと思います。
それが最近試合をするごとに失われ、ワールドカップ本番を迎えた日本はあまりにひ弱でした。
オーストラリア戦では同点にされてしまった直後、極度に落胆してまるで負けてしまったような雰囲気になってしまい立て直せず次々失点。この試合でも前半終了間際に1点返された後のうなだれようは観ていられませんでしたし、土肥らの必死の激励空しく後半も気持ちが切り替えられていませんでした。
守備に全く取柄の無いチームだったのですから多少の失点で動揺していては試合になりませんよね。

それでもこの結果を素直に受け止めたいと思います。
ジーコ監督は無策でした。
それ故にジーコジャパンでは素っ裸の日本選手の能力を観る事が出来たと思います。
ワールドカップでの日本代表を観ながら、常にJリーグの試合を思い出していました。海外組が何人もいましたが、中田英寿のフィジカルと中村の詰められた時の足捌きを除いた代表選手のプレー1つ1つは見慣れたJリーガーのプレーと殆ど変わらぬものだったからです。
Jリーグのプレーの早さ、逆にパスの粗さ、ポジショニングの拙さ、試合運びの不味さ、そして決定力不足などなど。Jリーグそのものがそこには映っていました。

監督次第では、4年間の過ごし方次第では、日本のグループリーグ突破は充分可能だったでしょう。
しかし、それはあくまでも偉大な監督による素晴らしい組織という+αがあっての事。
ジーコジャパンには+αはありませんでしたが、選手の能力を限定させてしまうようなマイナス要因も少なかった、つまり今の日本選手の実力を過不足無く現せていたのではないでしょうか。
これから先も日本代表が名監督に率いられる保証などどこにもありません。また、例え名将と呼ばれる監督であっても日本には向かない可能性だってあります。

日本に最も必要なのは+αをもたらす名監督ではありません。
今ハッキリと示された、世界の選手達との圧倒的技量の差を埋める選手個々の能力向上、監督の技量に左右されないベース向上が必要なのです。
人材発掘、今のままで充分ですか?環境はこのままでいいんですか?
Jリーグ、国内完結のような状況でいいんですか?幅広く国際経験を積ませる必要はありませんか?
選手の能力向上のために考えなければならない事は山ほどあります。

特にJリーグは大きな正念場を迎えるでしょう。
日本代表の結果、内容がJリーグに大きく影響を与える以上、観客動員の減少は避けられないからです。
だからこそ後退は許されません。
今までよりも厳しい要求(例えばミドルシュート。撃てば満足はもう止めにしましょう。Jリーグではボールが変わった影響なんて微塵も感じられませんでしたよ。悔しいじゃないですか!)をしていきたいと思います。
そして、何よりこんな時だからこそJリーグを応援し、支えたいと思います。
頑張れ日本! 頑張れJリーグ!!

予想以上期待未満 ワールドカップ2006ドイツ大会 F組第2節日本×クロアチア

日本代表
06 /19 2006
日本、クロアチア共に第1節で敗れて迎えた第2節。
第3節の相手があのブラジルなだけに是が非でも勝ち点3が欲しかったのですが、一方でクロアチアの左サイドを起点とした攻撃に怖さがある事も、守備が堅い事も分かっていたので負ける可能性がかなり高いと予想していました。

そんなシビアな予想を当人達も自覚していたようで、同じ勝ち点0でも悲壮感漂う日本に対し、クロアチアは楽観ムードで試合に臨みました。
両指揮官の選択したスタメン&システムは以下の通り。
2006000105.jpg

日本がシステムとスタメンの一部を変更したのに対し、クロアチアは前節と全く一緒。この点からも両者が前節掴んだ自信の程が窺えます。
ただし、“自信”と“不安”は表裏一体で、日本はクロアチアの“自信の源”であるパビッチのサイドを完全に封鎖する事で自信を揺らがせ、判断を鈍らせました。
特に加地のポジショニングと攻守切り替え時のプレーの選択が素晴らしく、中盤に彼を加えたパス回しでチャンス一歩手前までいっていましたし、守っては川口がPKを神セーブ。クロアチアの“自信”は“過信”であると気付かせ心理的優位に立ちました。
しかしそれでもクロアチアの守備は堅く、決定機はわずか。そのチャンス、あとは押し込むだけという場面でFWが(パスと見紛うほど)とんでもない所にシュートしたり、GKとの1対1で(これもFWが)パスを選択するようでは勝てるはずもなく、結果はスコアレスドロー。期待した勝ち点3には届きませんでした。

これでグループリーグ突破の可能性が風前の灯となった日本ですが、普段よりやや低調なプレーに終始した前節に比べれば、総じて普段通りかそれ以上のプレーが出来ていた今節は状態が上向いたと言えると思います。
次節では良い意味で滅多にお目にかかれないプレーが観られ、のけぞり驚くような結果が出る事を期待しましょう。
“予想外”こそジーコジャパンの真骨頂じゃないですか。

爆笑と絶望のあいだ 2006 ワールドカップ ドイツ大会 F組第1節オーストラリア戦

日本代表
06 /13 2006
2006000102.jpg

負けたのにめちゃくちゃ笑えた試合でした。
仲間達と一緒に観て本当に良かったです。

試合自体は一言で言うと酷い試合でしたよ。
オーストラリアの攻撃はビドゥカへ楔を入れる攻撃が肝なのは最初から分かっていたはずです。
それなのに彼へのパスの出所を押さえるわけでもなければ、彼を自由にさせない訳でもなく、セカンドボールを狙っている訳でもない。ジーコ監督が無策で試合に臨むのは珍しい事ではありませんが、これだけ準備期間があってもしないとは(苦笑)
主導権はやりたいようにやれるオーストラリアが当然握り、防戦一方の日本は川口のビッグセーブでやり過ごすのが精一杯でした。

しかし、こんな流れでこそ真価を発揮する武器が日本にはあります。
26分、中村の何でもないクロスを相手GKが日本の2TOPにドツかれてキャッチできず、ボールはゴールへ。
何故かファウルの笛は吹かれず、ゴールが認められました。
こんなのアリかよwwwww
ジーコジャパン、いきなりの豪運発揮で先制点をもぎとりました。

水をガブガブ飲んで必死に正気を取り戻そうとするヒディンク。
どうやら相当ブチギレたようです。
そりゃそうですよね(笑)

さぁ、これで日本はピリッとするのかと思いきや相変わらずのプレーに終始。
散々攻め込まれては何とかはじき返し、少ないチャンスはうやむやなまま終わりました。
それでもどうにかこうにか耐えしのぎ、前半を1-0で折り返します。

ハーフタイムでは得点シーンが出るたびに爆笑しました。
TVに写った日本サポーターが持っていた、真ん中に川渕の写真をいれたハート型のうちわにも笑わされましたよ。こんなに緊張感の無いワールドカップの試合は初めてです。

そうこうしているうちに後半開始。
予想通り、オーストラリアが攻勢に出て日本がしのぐ展開でした。
防戦一方の日本は56分に坪井が足を痛め、茂庭に交代。
望ましい展開ではありませんが、FC東京初のワールドカップ出場選手です。おめでとう!

そんな事はお構いなしに攻め倒すオーストラリアに日本はタジタジになりがらも、相手に小技が無いのと川口のセービングが冴えているのとで得点は許しません。
76分には高原が高い位置でボールを奪い、柳沢とで2対2のビッグチャンスを迎えましたが高原の出したパスのタイミングが合わず、なんとか撃った柳沢のシュートはションボリ。追加点はなりませんでした。
その後の79分、柳沢は何と調子の上がらない小野と交代。
この采配に一同大ブーイングも、もはや守り切ることを信じるしかありませんでした。

しかし、相手はワールドカップ出場国。
こんな展開で守り切れるほど甘い相手ではなく、84分、スローインのボールに対して川口が飛び出したものの触れられず、競ってこぼれたボールをケイヒルがゴール。
日本、遂に追いつかれてしまいました。

豪運よ、もう一度。
アジアカップの頃の日本はこんな展開から点をもぎ取っていましたよね。
しかし福西が放ったミドルは枠を外れ、その直後の89分、またもやケーヒルに決められて逆転を許してしまいました。
こうなるとここ最近特に顕著に見られる、一旦崩れだすと止まらなくなる悪癖が出てしまい、ロスタイムにはアロイージにも追加点を決められ万事休す。
1-3。
結局終始オーストラリアペースで試合を運ばれ、観るべきプレーを何も見せられないまま試合が終了しました。

日本の中盤、特に中田英を徹底的にケアしてリズムを失わせるなどの入念な事前準備をし、試合に入ってからは的確な選手交代で流れを譲らず、結果を出し切った(得点は全て途中交代選手によるもの)オーストラリア。
一方の日本は無策で挑み、選手交代は後手後手。
(予想されていた事ではありますが)双方の指揮官の力量には大きな隔たりがあった上、個人でも肝心の中村の動きがパッとしないのではこの結果も至極当然でしょう。
本番では選手達のモチベーションが高いのでもっと奮闘してくれるだろうと考えていたのでその点では期待外れでしたね。
先制点直後からハーフタイムにかけては爆笑の連続でしたが、さすがに試合終了後は凹みました。

でも、その後インタビューで出てきた川渕三郎氏の顔があまりに蒼白だったので一同またまた爆笑!(失礼なのは分かっていますけど、面白いんだから仕方ありません)
あんな生気の無い川渕さん、初めて見ました。
決定的な場面で決められない云々と必死に選手の責任にしていましたが、ジーコ監督を独断で選んだ自分の責任が非常に重いのは百も承知でしょうからね。あんな色になってしまうのも仕方ないでしょう。

さて、緒戦からいきなり化けの皮が剥がされた格好のジーコジャパンですが、おれはまだまだ期待していますよ。
この試合でも見られたように、ジーコの豪運は捨てたものではありません。
きっとグループリーグを通した、壮大な豪運物語が用意されているはずです。
こんな時、クロアチアとブラジルの試合を1勝1分で乗り越えなきゃいけない、なんて下手な星勘定をするべきではありません。
何が起こるか分からないのがジーコジャパンじゃないですか。
きっとこの局面もどういう訳か乗り越えてくれるはずですよ。
でなきゃ詐欺だ!

いぎーた

FC東京が気になる人.