出来すぎたドラマ 第4節 川崎戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
03 /19 2017
期待と緊張で迎えたタマシコ。

でも、その前にコラシコ。
ちびっ子達なのだけど、プレー選択は大人のソレ。ボールにみんな群がるわーわーサッカーなんて今や10歳以下の子でもしないのね。時代ってこんなに急激に変わるものだったっけ。
もはやこの子達から自分がボール奪うことは無理だろうな。来る前に丁度フットサルしてたから余計にシミジミ思った。
0-2から2-2に追いつく試合展開も含めて楽しませてもらった。

さて、前節ではガンバ大阪に完敗を喫した東京。
しかし、間に挟んだルヴァンカップをそれまでのベンチメンバー主体で臨み、仙台相手に大勝。
結果を示した選手達がタマシコの大一番でいかに起用されるかが注目点の一つで、大久保がスタメンから外れるなんてことも頭をよぎらないではなかった。
フタを開けてみると東→阿部にスタメン変更。同じく活躍したウタカや草民もしっかりベンチに入っていた。

20170318
鮮やかな青赤に染まるゴール裏。

前半はやや硬い立ち上がりながらも互いに見せ場を作った。
東京は守備に入るとバイタル付近までボヤけていて川崎の自由にさせ過ぎていた印象だが、阿部効果で、これまでに比べ攻撃へのスイッチがスムーズに入る。
大久保がオフサイドで取り消されたゴールの他、バイシクルシュートを放つなどスタジアムの期待を高めていった。

対する川崎は登里がドリブルから丸山を振り切ってシュートを放つも、林がしっかり阻む。
林の補強は本当に大きい。既に多くの勝ち点をもたらしてくれている。

後半も互いに譲らず62分、永井に代わってウタカが入る。
流れが明らかに変わったのは68分に橋本→草民の交代からか。
この日の拳人はなぜかプレー判断が遅く、ピンチやノッキングを招いてしまっていた。
流れがスムーズになり波状攻撃から遂に76分、川崎側の堤防が決壊。OGで1-0。阿部の突破から生まれた。
86分には太田の緩急を活かした突破と完璧なクロスからウタカのボレーで2-0。
そして!92分にはウタカとのワンツーから大久保が遂にゴールゲット!
出来すぎたシナリオで3-0の快勝!!

いやー、こんな超楽観主義者のベタ予想みたいな展開で勝つことってあるんですね。東京が!
大久保もこの先は力みが取れてゴールを量産してくれるだろうし、ウタカも短い時間でまたも才能を爆発させてくれた。キャラもいいから雰囲気も良くなる。
3万6千人も入った試合で勝ったのも大きいな。帰りのコンコースを歩きながら何度「最高!」と聞いたか。
私も思わずタマシコグッズを買ってしまったし。
2週間後の次の試合まで何度噛み締めてもおいしい味の出そうな試合であった。
ああ楽しい。
スポンサーサイト

余剰か競争か YBC第1節仙台戦 (H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
03 /15 2017
思い切って休みを取ったは良いけど、歯医者へ行っても試合までには時間がたんまり。
あてどなくフラフラとしていると釣り餌に引っかかり、巻かれた先が府中市美術館歌川国芳展であった。

2017031501

これが思いの外(?何しろ疎いもので)楽しかったのである。
コーナー毎に子どもでも分かる解説がある親切設計で、展示数も多いし、何より観ていて楽しい絵なのである。特に動物!とぼけた表情の犬とか、歌舞伎役者に寄せた猫とか、歩く金魚とか、ワーキャーと心の中がJK状態になってしまうのである。外面はオッサンだけれども。
たくさん観られたのに何と期間中は前後半展示で、前半の半券があれば後半は半額とのこと。後半が今から楽しみだし、府中美術館は飛田給での試合ついでに行きやすい点でもオススメなのだ。

さて、東京の試合である。

2017031502

前節、ガンバ相手に完敗を喫した東京はここで勝って嫌なムードを払拭してからタマシコに臨みたいところ。
カップ戦に前田、田邊、中島、阿部、小川、バーンズといった去年の先発級がズラリと並び、ウタカがベンチに並ぶ様は危うさを孕む程に豪勢だ。

試合が始まると、東京は鬱憤を晴らすべくドドドドと攻め込んで行った。
とにかく前へ前へ前へ!攻撃攻撃攻撃!であった。
対する仙台は凌ぐのが精一杯の様子で、対抗策を秘めているようでもなかった。
リーグ戦をチラッとみた感じだと、頑張る→当てる→落とす→打つを粘り強く繰り返す印象だったのだけれどそれも見られず。石原の代わりに入った選手はポストが下手なのか?事情はよく分からないけど、セットプレーで事故でも起こらない限りは点を取られる気配はなさそうだった。
相手が不甲斐ないと、時間の経過と共にお付き合いしてしまう悪癖が東京にはあるけれど、選手達は最後まで容赦なく相手からボールを奪い取り攻め立てる姿勢を崩さず杞憂であった。
待望の先制点を27分に、勝負を決める2点めも後半早々に奪った東京はその後もゴールラッシュで6-0の勝利を収めた。

目立って良かったのは阿部と田邊草民。
阿部はよく奪うし、持ったら前に動かす意識が高いから気持ちよく攻撃出来た。
草民は、奪われそうで奪われず、キッチリ繋げていたので深い位置からでも良いアクセントになった。守備も結構頑張ってたぞ。
お祭り状態で入ってきたウタカも能力の片鱗をしっかり見せてくれた。リラックスしていてプレーがとても柔らかい。翔哉のゴールに繋がった流れが特にとてもワクワクした。PKもキッチリ決めたし。

相手の状態を抜きにしても、今日の東京が素晴らしかったのは間違いない。
ともすれば過剰、余剰戦力となりかねないところがしっかりと競争になっている。
カップ戦でのPRをリーグ戦に活かして良い循環が生まれることを期待したい。
大満足の充実した平日休暇を過ごせた。

2017931503

意図 第3節ガンバ大阪戦 (A) [映像観戦]

FC東京観戦記2017
03 /11 2017
個々では東京も戦えていたけれど、孤立してた印象。攻撃でも守備でも。
大久保の責任感が空回りしている様子が観ていて痛々しかった。らしくない、思い切りのないPKだった。
途中から出てきた、落ち着きかせるべき経験ある選手がミスを連発して流れを更に淀ませてしまったのも残念だった。
森重が中心となって、それぞれを繋ぎ止めないとバラバラになってしまいそう。
次の試合までには、J3とナビスコを挟む。
スタメンを脅かす選手が現れることを期待しているし、少しずつでもチームとして狙いのあるプレーを増やしていって欲しい。
はぁ・・・。

違い 第2節 大宮戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
03 /04 2017
開幕戦を鹿島スタジアムで勝って、この上ないスタートを切った東京。

興奮覚めやらぬうちに、昨季得点王まで期限付きながらも移籍加入する、というニュースが。
ここまでポジティブサプライズを頻発させたことがあったかな。
今年に懸けるフロントの意気込みは相当だ。

勢いを加速させたい東京がホーム開幕戦で迎えたのは大宮。
ホームではロクな思い出がない、相性最悪の相手だ。
大前までいるじゃないか。(体調不良?で欠場。前より太ったかな。関係ないか。)

2017030401
ムクムク君は今年も元気。

試合は予想通り、ガチガチの膠着状態が続いた。
互いに球際へ厳しくいくし、東京の連携はまだまだ未熟だしで、アバウトなボールでしか前に出せない。
前半はどちらかというと大宮の思惑内で試合が進んでいたけど、東京も永井の速さを頼りに散発ながら仄かに得点の匂いをさせてはいた。

後半に入ると、少しずつマークを剥がせるようになった東京。
中島翔哉が54分に入ってからそれが顕著になった。
得点に繋がったCKは中島のクロスをクリアしたものだし、2点目はこぼれを自身で決めたもの。
今節も切り札としてこれ以上ないプレーぶりだった。

我慢して、結果2-0で気持ちよく東京が勝った。

集中力を切らさない点で大宮に並んだのが、まず良かった。
(連携がイマイチなのがかえって緊張感を生んだのかもしれないけど。)

そこで並べると個が活きてくるんだろうね。
中島の仕掛け、永井の速さ、大久保のシュート技術、林の技術。
勝負どころで、分かっていても止めさせない強みが出た。
力を集めてるフロントと、それを結集させてる現場とのクラブ全体で掴んだ勝利だった。

東京西川シートだったからバチバチとボールを奪い合うのが間近で観れたし、勝ち点3と上質のタオルもゲットできてとても満足!!
これからがますます楽しみ!!

2017030402

最高かよ!! 第1節 鹿島(A)[生観戦]

FC東京観戦記2017
02 /25 2017
もちろん勝って欲しくて単身バスに乗り込んだんだけど、まさか本当に勝ってくれるとは。

試合は最初から最後まで中身が濃かった。
膠着状態がずっと続いていたけど、どちらかというと押し気味に見えたのはFC東京で、度々セットプレーを得られた。
が、決定機に至らず、あまりいい予感がしなかった。
そんな状況が続いて69分、ついに東京が決定機を迎えるも外してしまい、直後の逆襲で鹿島がゴール前1対1の決定機に。

ここで入れられて、「いい流れだったのにね」とタラレバ話へとなだれ込むのがおなじみのパターン。

しかし、今年は林が止めてくれた!

流れを相手に譲らなかった東京が82分、途中出場の中島がシュートを放ち、これがOGを誘って遂に均衡を破る!

その後はさすがに押し込まれるも決定機は作らせず、勝った!

振り返っても、東京の選手たちは皆が良いプレーをしていたと思う。
内容が伴わなくても勝ち点をもぎとっていく鹿島を相手に完封勝ちしたのは、隙を見せなかったからだね。
中でも目を惹いたのは高萩。プレー以上に雰囲気や声と身振りでチームに落ち着きを与えていたようにみえた。
新戦力はこれからもっと合ってくるだろうし、楽しみだ。

さて、こうなるといよいよ欲が出てくる。
優勝候補としてあまり挙げられていない中で手強そうなのは、浦和に勝った横浜FM。
バルセロナのカンテラ出身ながらも伸び悩む22歳も大概だけど、レッドスターで前シーズン20点も取ってる28歳なんて、騙して連れてきたとしか。。。
以前のエントリーでJは枠内以外に結局大した補強してない、と書いたけど完全な誤りですごめんなさい。

こうやって浮かれてると次の試合であっさり負けるのが恒例だけど、今年は違うよね?フリじゃないからね?

20170227