J2クラブ観察:柏レイソル

J2クラブ観察2006
02 /11 2006
J2クラブ観察大トリを飾るのは太陽王柏レイソルです!
さっそく色々とサイトを回らせていただいたのですが、まぶしいまぶしい。
どこを回っても、ワクワクとか嬉しいとか光明が見えるとかしあわせいっぱいだとか明るい言葉が溢れていました。
相変わらずネタエントリーも豊富でしたよ。

面白いものですね。
昨年の降格時点でサポーター、選手、スタッフ、フロントはバラバラだったのは緑も一緒ですし、主力が次々流出していったのも同じ。
なのにサポーターの今の心境はまるで違うのですから。
この違いはそれぞれのサポーター気質の違いがだいぶ影響していると思うので、どっちがいい悪いというものではないのですが、柏の方が明るいのは次の2つの違いも関係していると思います。

緑の回でも触れましたが、決定的な違いはフロントに自省し改めようとする態度があることでしょう。
サポーターズカンファレンスにおける小野寺社長の
「大きな反省は、ひとつになれていなかった。ひとつになるためにはクラブの指針、方向性を策定するというのがひとつ。もう一点はコミュニケーションの活発化。だからこうしたカンファレンスの開催、サポーターとの対話の機会を設けさせていただいた。」という言葉に集約されているように思います。
また、昨年降格決定直後に竹本一彦GMが「柏に気持ちがある選手だけでJ2を戦うのも一つの方法」と暗に移籍を容認している発言をし、実際に流出したことへの説明を真摯に行った(officialでは削除?)ことと補強の狙いを丹念に説明した事でサポーターの信頼を得たようです。
説明の仕方があまりにビジネスライクだったなどの批判はあるものの、とにかく変わろうとしているということは分かった、今後につながるという評価は得られたようです。

話はそれますが、サポーターズカンファレンスの開催そのものに善悪は無いと思っていますよ。
クラブのトップとサポーターと意志の共有を図る場として一つの手段だとは思いますが、出席できる人数に限りがある上発言できるのはほんの一握りの人間だけですからね。
ではブログで疎通を図るのが最善かというと、ネット環境・知識の有無で格差が出てしまいます。
一番大切なのは通じ合おうとする気持ちですが、その手段に関しては一つに集中するのではなく、その時々の状況に応じて組み合わせる事が必要ですよね。

さて、話を戻すと、もう一つは監督への信頼でしょう。
実績・経験のある石崎信弘監督がもたらす安心感、片や実績も経験も無いラモスが、もたらすスリル感。
前者が戦術を植えつけて結果を出したと聞けば明るくなるでしょう。
でもこれはどっちがいいというものではありませんよね。今の段階では単に好みの問題ですから。

石崎信弘監督は
「サッカーは90分間戦える体力がなければいけない。リアクションサッカーではなく、自分達で奪って攻撃する。」
と宣言しました。

かつては相手の長所を消すサッカーをして上位に食い込んだものの、昇格には一歩届かず「悲運の名将」と呼ばれた石崎監督。
自身が昇格をもたらす陽となり、陰を払拭できるのか、注目です。

おすすめサイト
日常に染み入るレイソル愛「サッカー大好き! ケロケロ通信」さん 
コチラではサポカンの分かりやすい概要とティティ11さんの反応が読めます。
スポンサーサイト

J2クラブ観察:緑

J2クラブ観察2006
02 /10 2006
大嫌いだけど無関心ではいられないクラブ、緑。
今年からJ2なんですよね。
なんだかまだ信じられません。

なぜかというと、総合的にしぶといクラブというイメージがあったからです。
危機に陥ってもかつてのアビスパのように土壇場で現場が結果を残すのでなく、フロントの力、端的に言えばお金を注いでどうにかしてしまうというイメージです。
観戦暦が浅いので、野獣エジムンドの緊急補強という荒業で残留に滑り込んだ01年(代わりにすごい勢いで落ちていったのがアビスパだったのは何かの因果?)の印象がどうしても強いんですよね。

しかも、去年は認めざるを得ないほどいいサッカーを披露して天皇杯を制した上に今度は怪物ワシントンを補強。
緑には常に残留争いをしていて欲しい(生かさず殺さずですw)と願うおれですらシーズン前は5位と好順位を予想しました。
それが上位に食い込むどころか、大した抵抗を見せることなく降格へまっしぐらに突き進むのですからサッカーは怖いですよね。

一体なぜ緑は落ちる事になったのでしょうか。
生で観たはずのあの天皇杯の姿は幻だったのでしょうか。

海江田哲朗氏は、芯を欠く組織作りが本質的な問題だ、と言います。
日本テレビ、フロント、現場の監督と選手、サポーター、全体を貫くべき芯が折れ曲がっている、と。

これは何も緑特有の問題ではなく、降格組全てが抱えていた問題でしょう。
柏、神戸はそれを自省し、改善に動いています。
しかし、緑だけは現場の選手・スタッフこそ大幅に入れ替わったもののフロント側は旧態依然としたままです。
加藤善行強化部長が契約交渉に関して放った「監督も代わるし、チームがリセットするからというような前向きな発想が彼らには無かった。交渉は平行線をたどるばかりだった。」という言葉に自責の念は微塵も感じられません。
日経ビジネスで敗軍の将として語った荻原敏雄社長も「一貫性が無かった」事は認めるものの、未だに全国区>地域の巨人型経営が出来なかった事を悔やむ錯誤、終いにはJ2にいる限りビジョンなどない、と言い放つ始末。

緑には他クラブより気持ち長い歴史とそれなりの実績があります。
ただし、改革の足を引っ張るのはそれらではなく讀賣という体質そのもののようです。
ここをどうにかしないと本質的な問題の解決にはならないでしょう。
ラモスを前に思考停止してる場合じゃないんじゃないですか?海江田さん。

長期的には緑が去年と同じ轍を踏む可能性は高いと思います。
しかし、今年がどうなるかは誰にも分かりません。
実績なし、クラブ愛オンリーのラモスが導く先は崩壊か、延命か、変態か。
大嫌いなクラブ、緑。だけど無関心ではいられない。

参考
ヴェルディ私史」さんを読めばこれまでの緑の歴史、昨年度の結果が必然であった事が分かります。
これを書かれたアトさんのブログ「みどりのろうごくF」と「blog風チキン」さんが交わした「”ヴェル死に”問題」も面白いです。
ちなみに、”ヴェル死に”とはNumber2/26号の小宮良之氏の記事「ヴェルディは死んだ」の事です。
おれも読みましたが緑戦でポンポン放り込む、らしくない攻めをしていたのはこういう訳だったのか、という程度なので他サポが読んでも面白いものではないかもしれません。

J2クラブ観察:水戸ホーリーホック

J2クラブ観察2006
02 /09 2006
水戸ホーリーホック、と聞いて何かイメージ湧きますか?
とりあえず貧乏そうだな、ぐらいは思いつきますよね。
でも、他に何か浮かびますか?
失礼ですが、おれは全く出てきませんでした。

信頼のおける情報源からではないのであまり鵜呑みにしないで欲しいのですが、サポーターズミーティングでの話によるとここ2年(05年は見込み)はなんとか黒字化に成功したものの、累積赤字がかなりあるそうです。
また、当面(~08年)の目標は平均入場者数5千人、ファンクラブ5千人(2/6現在で1,474人しかいないよ…)だそうです。
現状では選手を育ててもA契約出来ないために引き抜かれてしまうので、 今後A契約を結ぶために必要な収入から逆算した数字のようです。
毎回出入りが激しい上にレンタルが中心なのは経営上仕方なかったのですね。具体的な数字は伏せましたが、先日取り上げた「J2リーグの将来像」にある「入会後はJリーグからの分配金を除いて入会年度に3億円程度を、その後は速やかに年間5億円程度の収入をあげることを要請」という記載の必要性が充分に納得できる内容でした。
(上記の内容で問題や間違いがある場合はご連絡下さい。至急対処致します。)

以上から、お金がない事は確かなようです。

また、平均観客数3,334人はJ2平均7,482人の半分にもならず、草津をも下回って最下位と人気もないようです。

しかし、これだけではクラブの中身は全然見えてきませんよね。

そこで雑誌等の情報を集めたのですが、

水戸を率いて4年目を迎える前田秀樹監督は多くの人数が攻撃に絡む「トータルフットボール」をテーマに掲げ、得点の取れる、迫力のある、感動を与えられるようなサッカーを目指す。
大切なのはメンタルと怪我人を出さない事。補強のポイントは「高さ」だが、プレーはまだ観ていない。

とあり、攻撃的なサッカーをするクラブなのかなと想像しますが、41得点(11位)57失点(5位)という数字からはむしろ逆のイメージが。
最後の一文も怪しさが漂いますし、これでもよく分かりませんね。

そこでネットで調べたのですが、、、



面白いクラブじゃないですか!!

だって、スタジアム内で祭を開催しちゃうサポーターなんて聞いた事ありますか?
浴衣着て応援する程度の生ぬるいものじゃありませんよ?
ホーリー君の精巧なレプリカ作って子供にカキ氷作ってあげたり、流しそうめんやっちゃったりするんですよ?
お神輿しょえて、金魚すくいもできちゃうんですよ?

山形とのコールの掛け合いも実に楽しそうじゃないですか。

もちろん彼らは熱狂的なサポーターであり、常に熱く水戸をサポートしています。
そのあまりバスを囲んでしまう事も。(普段の彼らはとっても温厚だそうです)
でも、その後の試合で勝ったからって監督に土下座するサポーター集団なんて観た事ありますか?
(この試合以降、ホームで勝った後は毎回みんなで前田監督をお見送りしているようです。)

ecoさんが歌う応援歌「走れ☆ホーリーホック!」も素敵です。(試聴はコチラ)
一度聴いたらヤミツキになってしまい、耳から離れなかったので買っちゃいましたよ。
しかも通販で買ったからecoさん直筆のサインつき!!
20060209041344.jpg

中身もカッコイイ!!
200602080002s.jpg

強烈なサポーターに後押しされる選手も負けてません。
新加入の外国人がいきなりハワイアンズで歌を披露しちゃうんですから。

ちなみに、水戸のサッカーは“水戸ナチオ”と恐れられるほどの超守備的なサッカーで、攻撃の場面になっても選手がハーフラインを超えることは滅多にないそうです。
毎年、前田監督が先のような事を言うには言うけれど実際には人海戦術による守りのサッカーなんだそうな。
こんなに言う事やる事が極端なクラブ、貴重ですよね。
何でこんなに人気無いのか不思議です。
多少のアクセスの悪さを覚悟してでも観る価値がありそうですよ。

フロント側も発奮し、待望の専用練習場を着工(12/27)するわ、「チアリーディングチーム」を発足(12/28)するわ「フットサルパーク」(仮称)を建設 (12/4)するわでフル回転。

ユニフォームサプライヤーも「mitre」社(イングランド 1817年~)に変わり(2/1)歌を披露したFWアンデルソンも「48試合だから48得点とりたい」と息が荒いです。鬼塚忠久強化部長も「今年は前に人数をかけたサッカーをする」と(毎年?)言っていますし、今年こそ「トータルフットボール」が観れるはず!?

さて、Jリーグの日程には色々と文句があると思いますが、中にはツボを得たものもあります。

その一つが、 

3/4 14:00 水戸×山形 @笠松

なんと、2006年Jリーグの幕開けが水戸×山形です!!
(ガンバ×浦和は16時開始)


みなさん、今年はスカパーがJ2全試合を生放送をしてくれるそうですね。
ありがたい事ですよ。

だからって初っ端からお家でTVですか?

それとも柏×湘南や緑×徳島で満足ですか?

J2の(隠れ)黄金カードを生で観ずに後悔しないと断言できますか!?

おれには到底出来ません。

(追記)

3/25 14:00 水戸×柏 @笠松

このカードも何か匂いませんか?

参考&おすすめサイト
新スタジアム予定地を探しに出かけちゃう程の熱血サポーター「CURVA AZUL」さん
勢いと充実のギャラリー「葵な人の走り書き」さん
メディア情報がよくまとまっている「FC水戸ホーリーホックを応援する会」さん

笠松運動公園へのアクセス
水戸魂ドリア」さん
スタジアムグルメはかなり期待できるそうなので、お腹を空かせて行った方がいいかもしれません。

(※アクセス情報追記2/19修正)
「葵な人の走り書き」の管理人であるKIM氏さんからコメント欄で詳細なアクセス情報をいただきました。
車で行かれる方は要チェックです!

笠松までのアクセスについてですが、上野から水戸まで特急で約1時間、水戸からさらにシャトルバスで約30分と電車でも行けますがはやり車が一番便利です。駐車場も無料でスタジアムのすぐ側まで駐車できます。しかし仙台戦(今年は横浜FC&柏戦も?)などではアウェイサポが大量に押し寄せ、クラブも招待券を大量にばらまくので大変混雑します。満車になったこともあるのでご注意ください。
また、最寄のインターは那珂ICとなっておりますが、休日は那珂IC周辺は流れが悪いので(特に夕方)、ひたち海浜公園ICもお勧めします。

高速から笠松まで
・那珂ICから約10~15分
・ひたち海浜公園ICから20~30分
です。

那珂ICの方が距離的に近いですが、夕方は那珂ICまでの道は混雑するのでひたち海浜公園ICもお勧めします。
デーゲームであれば行きは那珂ICでも大丈夫です。

(追記)
日本で一番最初にラーメンを食べたのはあの黄門様こと徳川光圀なんだそうです。
その時食べた日本初のラーメンを再現したのが「水戸藩らーめん
ラーメン好きとして、これは食べておかなければ!!

関連エントリー
笠松で充実のグルメと共に迎えたJ開幕! J2第1節水戸×山形[生観戦]
匂いと疾走そして… J2 第5節水戸×柏[生観戦]

J2クラブ観察:ベガルタ仙台

J2クラブ観察2006
02 /08 2006
ベガルタ仙台といえば熱狂的なサポーター(昨年の平均観客動員15,934人)とそれなりの資金を抱えながらもうまく発揮出来ないクラブという印象ですね。
去年も監督の途中交代こそなかったものの、一部のサポーターもどきがペットボトルを投げて選手に当てたり、「都並やめろ」コールが起き田中GMがシーズン中に辞任を表明したりと内部のゴタゴタには相変わらず事欠かなかったようです。
終わってみれば4位と悪くない順位だったものの都並監督は事実上解任され、ジョエル・サンタナ監督を迎えることになりました。

その監督交代の発表前にサポーターズカンファレンスが行われたのですが、名川良隆社長の「理念あるいは目標を作ってもなかなかうまく行かないだろう、私はそう思う。正直言うと空手形になってしまうことを恐れてる。」という発言を読むと、彼が交代しない限りベガルタ仙台が一体となって同じベクトルに進む事はないのではないかと思います。
また、小長谷喜久男シニアディレクターが「ライバルから選手を抜くというのは非常に大事なことだと思ってます。戦力ダウンを当然狙った補強はかけようと思っております。」なんて言っていますが、そんな事をする余裕なんてあるのでしょうか。ベガルタがJ1昇格し、その後も留まり続けるために必要なのはJ2のライバルの弱体化ではなく自身の強化以外無いのではないでしょうか。その考えに沿った補強に動き結果的にライバルから引き抜く事もあるかもしれませんが、最初から狙ってすべきことではないと思います。Jリーグの小さな枠内で足の引っ張り合いなんて哀しいですよ。結局今のところ、選手をライバルへ送りこそすれ、引き抜けてはいないようですけどね。

そんな小長谷SDが辞任した田中GMに代わって現場を統括し、人気選手である財前選手を切ったり、新たな監督を連れてきたり、禁断の赤字補強を行ったりしていることについてサポーターの間でも賛否両論あるようです。
ベガルタが今年もJ1昇格に向かい全力でチーム作りをしているのは間違いないので全ては結果次第でしょう。今度こそジョエル・サンタナ監督で長期政権になるといいですね。

おすすめサイト
素人離れした質でありながら脅威的な更新頻度を誇る「V's FACTORY blog」さん
こんなに分かりやすくて面白い上に使いやすい選手紹介見た事ない「ベガルタ魂」さんの「選手紹介
ベガルタ仙台を中心としたクラブ経営、選手、勝敗などのデータが盛りだくさん「Vegalta Sendai go ahead!」さん
管理人観戦記には写真だけでなく動画や音声ファイルもあり、コアゾーンの雰囲気が伝わってくる「ONLY SENDAI !!! 2006 」さん
日々のベガルタ情報はおまかせ「河北新報

“サッカー専用”競技場 ユアテックスタジアム仙台(旧名:仙台スタジアム) へのアクセス
From Backstand」さん
alegria」さん

J2クラブ観察:ザスパ草津

J2クラブ観察2006
02 /07 2006
ザスパ草津のJ初年度はダントツの最下位と苦いものになりましたね。
前年度JFL3位のクラブでしたし、目立った補強も岩丸と氏家ぐらいだったので元々戦力的に劣る上、シーズン真っ只中に社長が辞任する異常事態でその後も不祥事が発覚するなど内部のゴタゴタを抱えてはこの結果も当然でしょう。
ただ、先月末に行われたサポーターズカンファレンス(pdf)は穏やかな雰囲気で前向きな話し合いが行われたようですね。
ザスパ草津でありながら草津で試合が出来ないという問題に解決の目処はついておらず、行政・地域との連携も上手く取れているとは言えないものの、大西忠生氏が社長となって再生計画は順調だといいますし、今年は選手達もいくぶん落ち着いて戦えるのではないでしょうか。
あんなゴタゴタの後で「カインズ」のスポンサー契約を結んだのは凄いですし、ヤクルトのおばちゃんにチケット販売を委託するというアイデアもなかなか面白いですね。
草津サポーターの方の反応も上々のようです。

さて、ザスパ草津の特色といえばチャレンジャーズチームの存在が挙げられます。
これはサテライトに相当するチームなのですが、「草津で働きながらサッカー選手として活動し、トップへの道を目指す」15~23歳の選手を募集して結成されたトップとは全く別のチームです。トップチームがJ加盟前にしていた事を今はチャレンジャーズチームがしているのですね。
待遇や環境面は他のクラブのサテライトメンバーに比べて格段に恵まれていないと思いますが、逆に「ハングリー精神」が培われてサテライトリーグは6チーム中2位と好成績を収め、昨年度は9人がトップ昇格を果たしました。草津ならではの発掘方法ですね。

ユニフォームサプライヤーが「ファイテン」社に代わり、新ユニフォームには筋肉や精神のリラックス効果があるとされる、水溶化したチタン(アクアチタン)が繊維の1本1本に染め込まれているそうです。身も心もリラックスした選手達が今年こそ力を発揮するのではないでしょうか。

最後に、引退された小島伸幸選手。
ロベカルのFKを止めたら指を骨折したりと大変な選手生活だったと思います。本当にお疲れ様でした。

敷島公園陸上競技場へのアクセス
敷島陸上競技場・サッカーラグビー場へのアクセス」さん
わかの観戦日記」さん

いぎーた

FC東京が気になる人.