歴史の1ページ コンフェデ杯 決勝ブラジル×アルゼンチン[TV観戦]

海外(代表)
06 /30 2005
ブラジル優勝おめでとう!

どのシュートも素晴らしかったですね。
超人アドリアーノの野性的なシュート、カカのテクニカルなシュート、ロナウジーニョの芸術的ボレー、そしてまたアドリアーノの迫力あるヘディング。
でも、一番記憶に残ったのはアイマールがクロスに飛び込んで放った捨て身のシュートですね。
シュートそのものが素晴らしかっただけでなく、その後に悲壮感漂う表情で胸のエンブレムを叩いた仕草が印象的でした。

アルゼンチンは準決勝で延長を戦った影響がやはりあったのでしょう。
体のキレを感じられたのは開始直後の数分のみでした。
リケルメのトラップ(やコロッチーニの肘うちw)など魅せる場面もありましたが、観てる側が哀しくなるほど全体的に体が重そうでしたね。

対するブラジルは流石に王者だけあって、決勝にピタリとピークを合わせて来ました。
パス回しは今大会最高の出来でしたし、警戒されていてもブチ破る力強さを感じました。
決定的な場面ではキッチリ決めていましたし、守っても最後の一線を割らせない集中力を感じました。
気が緩んでいたら80分過ぎの攻勢を受けた時に失点したはずですからね。
最後まで引き締めたヂーダはこの大勝に貢献しましたね。

決勝戦。しかも永遠のライバル対決。
しかし、そこから連想される緊張感・緊迫感は4-1のスコアが示す通りあまり感じられませんでした。

決勝でのブラジルの出来は文句のつけようがありません。
それを引き出したのは他ならぬアルゼンチンではないでしょうか。
ブラジルがアルゼンチンに南米予選で負けていなかったら、ライバルが相手でなければここまで徹底した試合にならなかったのではないでしょうか。

コンフェデレーションズカップはブラジルの優勝で幕を閉じました。
それでも、ライバル対決はこれからも続くのです…
スポンサーサイト

ドイツ敗戦に学ぶ コンフェデ杯準決勝ドイツ×ブラジル[TV観戦]

海外(代表)
06 /26 2005
この試合、ドイツと日本を重ね合わせて観た人も多かったんじゃないかな。
まだ、あの好試合の余韻が残っているからね。

私も日本とドイツはどういった点で異なるのか。
ドイツから日本が成長する良いヒントが得られるんじゃないか。
そこに注目して観ていた。

試合開始してすぐに分かった違いはプレスの掛け方
中盤でも局地戦に近い日本に対し、ドイツのプレスは非常に組織的でボールホルダーに一人行くだけでなく周りが連動してパスコースをことごとく塞いでいた。
日本は最悪最後尾で跳ね返せば良いと割り切っている感があるけど、ドイツはボールを組織で奪いに行く積極的守備を行っていた。
中田徹氏のコラムにあったように、世界で主流になっているサッカーは高い位置からプレスをかけてボールを奪い、手数を掛けずにゴールを奪う、というもの。
ドイツもまさに、それを狙いとしていたよね。
また、組織としてボールの捕え所がハッキリしていただけでなく、個人個人が球際に強く行っていたし相手の選択肢から何を消すか、という判断が非常に優れていたように思う。

ただ、ボールを奪ってからの流れに取り立てて見るものは無かったかな。
パススピードは非常に早くて見習うべきなのだけれど、動きは全部直線的で変化が少ないし、何より得点への道筋が全く見えてこなかった。
ドイツと言えば「分かっていても止められないサイド攻撃から空中戦」が伝統なハズだけどそんなシーンは記憶に無いし、かといって中央から崩すようなコンビネーションもなければ個人技も見られなかった。
特に良かったシーンを挙げれば、後半ブラジルDFラインのギャップをついたクラニィにバラックがパスを出したシーン、その後のカウンター、そして前半にCKから見事なヘディングで奪った23分のシーンの3つ。
得点に繋がったヘディングは戻りながらだったから、凄く高い技術が必要だったよね。お見事。

ちなみに2得点目は明らかに誤審でしょう。
あの場面、下すべきはPKではなくバラックのシミュレーションだと私は思っている。
ホームアドバンテージとして片付けるには余りに稚拙な判定。サッカーに対する冒涜だ。
02年のWCを思い出さざるを得ない、非常に気分の悪い判定だった。
(故意による誤審でなく、単に審判のレベルが低いだけなら問題はまだマシだけど真相は果たして。)

さて、そんなドイツに対してブラジルは3得点を挙げて快勝したね。
猛烈プレスを卓越したイマジネーションでかいくぐる、もしくは個人技で強引にこじ開けてしまうのがブラジルのブラジルたる所以なんだと思う。

アドリアーノが奪った先制点は個人技で強引に奪った得点。
DFに当たってコースが変わったとはいえ、あの距離で直接狙うのだから恐れ入るよ。

ブラジルの2得点目もやはりアドリアーノの個人技から。
カウンターから、左サイドにいたアドリアーノにボールが渡ったのだけれどその時点で中には一人しかいなかったし、フォローも無かった。
アドリアーノのプレースタイルを考えたら、突破を狙う事は簡単に予想出来るしDFも充分警戒していたはず。
それなのに安々と振り切ってしまい、強引に倒された事でPKを得てしまうんだ。分かっていても止められない絶対的な技術を持っているんだね。
強いボールを完璧なコースに流し込んだロナウジーニョのPKも見事だった。
相手GKのレーマンは読みきっていたから並の選手では止められていただろうね。

3得点目は連携と個人技の合わせ技かな?
ただのクリアボールをワンタッチでロビーニョがアドリアーノに繋ぎ、DFを振り切ってシュート。
相手DFは試合中ずっとアドリアーノに踊らされるハメになったね。

かくして、ドイツ程の激しいプレスをもってしても3失点してしまうという事が分かった。
では、日本はどうすればブラジル戦勝利に近づくのだろう。
私にはブラジルを相手に無失点で試合を終える画は全く浮かばないんだよね(苦笑)
確かにマイアミの奇跡という前例があるにはあるけど、あれはまだ未熟な年代別代表の話。
成熟したA代表(それでも忍耐強くはないけれど)が相手では同じ事を起すよりも、いかに点を多く取るかを考えた方が良さそうだ。

ドイツはブラジルに対して空中戦で優位に立てるからヘディングの技術が活きた。
日本はブラジルのバイタルエリアに対する詰めの甘さを突いたイマジネーションが実を結んだ。

王者ブラジルでさえ弱点がある。完璧なチームなど無いという事だよね。
弱みを上手く隠し、自分達の土俵でサッカーが出来ればどこにでも勝てるチャンスがあるという事じゃないかな。
その為にも自分達の土俵を広く、そして絶対的なものにする必要があるね。
但し、繰り返しになるけれど勝つとは点を相手より多く取る事。
決定機で外す事は自ら土俵を降りる事と同じだよ。

最後に、ドイツにはやっぱり伝統のサイド攻撃を復活させて欲しい。
今日の試合を観た限り、今でも頭に当てる技術は最高。
バラックやダイスラー等中央にいい人材がいるからこそ、サイド攻撃もより一層活きると思うよ。
(肝心のサイドの人材は育っていないの?)
クリンスマンが今後、どういったチームに仕上げてくるのか本番が楽しみだよ。
(間違っても審判の判定によって勝ちあがるチームにはなりませんように!)

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。