J1リーグ順位予想ゲーム 2006

Jリーグ順位予想ゲーム
03 /02 2006
さぁさぁ2日後には待ちに待ったJ1開幕です!!
喜怒哀楽に満ちた毎日が始まる訳ですよ!
夢を見ていられる今のうちに順位予想しようじゃないですか!

では、去年の上位からおれなりの寸評を。

G大阪
ACLでクタクタになる上に代表も多い、タフな一年になりそう。
去年ほどの得点力も期待できないだけに厳しいと予想!

浦和
戦力は随一!
しかし、今年に限っては戦力過多で指揮官が上手くメンタルコントロールをしないと内紛の可能性も。
ナビスコ、天皇杯を制しているのに、ココ一番で弱い印象がまだ残っています。

鹿島
堅実な監督がやってきて昨季より上に行くのでは?
ミネイロと柳沢の相性も良さそう。
代表組の影響とミネイロ不在時にどれだけのパフォーマンスを出せるかが世界一指揮官の腕の見せ所。

千葉
戦力は去年と一緒!
全体的にグレードアップしても決定力を磨かないと優勝は厳しいと思います。

C大阪
去年よりやや陣容は劣る印象。
小林監督がまた新たな引き出しを見せてくれるのかにかかっていると思います。

磐田
戦力的には未だ上位も、言い訳ばかりでは……。
ファブリシオ効果で上位には踏みとどまるでしょう。

広島
去年よりやや上積みあり!
隙の無さは相変わらず。

川崎
昨シーズンの戦術の軸ともなっていたアウグストの穴をマルコンがどこまで埋めるか。
研究されているのであらたな引き出しを出さないと今年は厳しいのでは!?

横浜FM
今年はACLも無いし、ジェフから良いフィジコも入れたし、マルケスも来たし、久保も去年よりは働いてくれるでしょう!
ただ、左偏重の攻撃になりそう。
そこをマルケスがどうバランス取ってくれるか、でしょうか。

東京
現時点の戦力はともかく、伸びしろでは一番じゃないですか!?
序盤は苦しいでしょうけど、あれよあれよという間に上り詰めてしまえーー!!

大分
シャムスカ監督がいくら有能といえど、プレーするのは選手。
選手層がかなり厳しいのでは。

新潟
助っ人2トップ次第のシーズンになりそう。
ファビーニョが今年J1で活躍できるかどうかは微妙では!?

大宮
エゲツナイ補強で一気にジャンプアップも目指せますが、新戦力が戦術に馴染むまで時間がかかるのでは!?

名古屋
悪くない陣容ですが、FWとボランチの層がやや薄い気がします。
序盤に結果が出ないとまたフロントが迷走してとんでもない事になるかもしれません。

清水
経験の少ない選手が多いので上位は難しいですが、戦いながら伸びてくれば残留争いをせずに済むかもしれません。
ただ、一度連敗しだすと止めるのが難しそうです。

京都
分断サッカーになりそうな気配ですが、手堅くしぶとく残るのではないでしょうか。

福岡
どの要素をとってもJ1に残るには厳しい気がします。

甲府
ボールも人も積極的に前へと行く甲府の良さはJ1へ来てより一層輝きを増すのでは!?
クセを覚えられてしまうと応用する技術が乏しそうなだけに序盤になんとか勝ち点を稼いでおきたいところです。


以上からおれが予想した結果はこちら
2006000065.jpg

東京に最後まで順位でも楽しませて欲しい、という願いが込められています。
文句は一切受け付けません(笑)

我こそは!と思われる方の参加、お持ちしています!!

では、以下でゲームのルールを説明します。
ポイント争いをするのですが、予想順位が結果と近ければ高くなり、優勝や降格圏内のクラブを当てたら更にボーナスポイントが入ります。
そして、その総合ポイントを争う、というゲームです。

以下が詳細ですが、おれが計算するのでサラッと読んでいただければ結構です。
基本的にはJ2と仕組みは同じで、ボーナスポイントも今年から設けますが、クラブ数などが違ってくるので数字が違います。


1チーム辺りのpoint=18-|予想順位-結果順位|

として全18チームの合計ポイントを競います。

例えば、去年私は1位と予想したチームの結果が5位だった場合、そのチームの予想ポイントは、

18-|1-5|で14pointとなります。

そして、今年からはボーナスポイントを設けたいと思います。

優勝クラブをズバリ当てたら20point加算します!

また、自動降格である18,17位はズバリ当たれば各5point
18位予想が17位もしくは、17位予想が18位だった場合は3point加算します。

更に、入替戦に進む16位はズバリ当った時のみ3point加算します。
18位予想、17位予想チームが16位、あるいは16位予想チームが17,18位になってもボーナスはありません。

と言う訳で、

満点は(基本)18×18+(優勝ボーナス)20+(自動降格ボーナス)5×2+(入替戦ボーナス)3で357point

となります。

以上です。参加お待ちしております。
スポンサーサイト

J1リーグ順位予想ゲーム 2005 結果発表

Jリーグ順位予想ゲーム
03 /02 2006
J1リーグ2006シーズンの予想前に2005シーズンの予想結果を発表したいと思います。
これもまた参加者はおれ一人だった訳ですが(笑)

結果はコチラ
2006000064.jpg

いやー、ひどい(苦笑)
一位予想したマリノスが9位ですか。
ACLも2度目だし、準備は出来ていると思ったのですがね。久保が全然戻ってこなかったのも誤算でした。
いかに一年をタフに戦えるか、最初から完成させるのではなく、戦いながら伸びていくかがポイントなのかもしれません。
今年はもっと当てるぞー!

J2リーグ順位予想ゲーム 2006

Jリーグ順位予想ゲーム
02 /25 2006
いよいよ来週2006年J2リーグ開幕!!
成長するクラブ、サポーターを増やすクラブ、地元との密着度が増すクラブ、そしてJ1へ昇格するクラブ。
何をもってして成功と言えるのかは様々ですが、ここでは単純に順位予想を楽しみたいと思います。

では、去年の上位からおれなりの寸評を。

柏レイソル
観察していて感じた事なのですが、近年で一番雰囲気よくなっているように感じます。
主力が出て行ってもJ2では抜きん出た戦力はある、まとめる指揮官がいる、バックアップ体制も以前よりだいぶ整ってきそう。
あとは試合でキッチリ決めるだけなのですが、柏愛120%の北嶋と漢フランサがやってくれるでしょう。
気になるのは未だ守備組織の構築が出来上がっていない事ですが、石崎監督なら時間とともにどうにかするでしょう。
昇格の大本命です。


ここが読めない(笑)
戦力はある、懸念されていた過密日程もACLでインドネシアとタイのクラブが失格処分で抜ける豪運を発揮し、問題ありません。
ただ、何と言っても往年の世代が努めるスタッフ陣がどのような影響を与えるのか、ラモス監督の資質そのものも未知数なだけに全く読めないんですよね。
フロントのバックアップ体制も心もとないですし。
結果が出れば良い方向に流れていくと思うのでポイントはやはり決定力でしょう。
新戦力のバジーリオは大量得点を望めるタイプではなさそうですし、33歳という年齢もやや気になります。
命運の鍵を握るのは期待の怪物、森本かもしれません。

ヴィッセル神戸
こちらのクラブはだいぶ反省したようでチームもまとまりつつありますし、戦力の流出もそれほど多くありませんでした。
また、バクスターという手堅い監督を連れてきた事も好材料です。
ただ、ここもFWが頼りないんですよね。
J2クラブを相手にするときは人海を掻き分けて得点する能力が求められます。
平瀬、茂木、そして祐介の3人のうちでこれを最も得意とするのは祐介でしょう。
彼がどこまでやってくれるかが鍵を握っているのですが、彼の目標を見ると「5点以上取る」とあまり自覚を感じません。
そろそろハングリー精神を発揮してもらいたいですね。心の内では燃えていると良いのですが。
神戸のために、東京のために、そして彼自身のために。

ベガルタ仙台
このクラブのフロントの姿勢は良いとは言えないまでも、持ち直している感はあります。
やや中盤の層が薄いように感じますが、それでもJ2では上位。
そして評価の高いFWボルジェスがいますし、監督も悪くなさそう。
昇格争いに入ってくるのは間違いないと思います。

モンテディオ山形
全てにおいてそこそこといった印象。
何か決め手となるものが欲しいです。

コンサドーレ札幌
柳下体制3年目。
着実なステップを図るフロントの思惑通りにここまでは推移しているのではないでしょうか。
フッキ、大塚、関とJ2では頼れる戦力も補強。更に上を目指せそうです。

湘南ベルマーレ
昨季スタートダッシュに成功も程なくして下がってきてしまいました。
層が厚くない上に、柿本、吉野と核として据えるべき人材まで手放したのがどう出るでしょうか。
起爆剤となりえる選手を補強できたようには思えないのでジリ貧かもしれません。
フロントの経営姿勢も規模の割りに周りクドイ印象があります。

サガン鳥栖
生まれ変わったフロントと共にチームも躍進、下位グループを抜け出せそうな勢いです。
吉田、ユン、成光という堅実な補強に成長を続けるシュナイダーらを松本育夫監督が束ねる。
上昇を続け、目指すは第二の甲府でしょう。

徳島ヴォルティス
J加盟初シーズンながら健闘した昨シーズン。
今年もFW,MFに厚みを加え、主力2人を放出したDFも辻本、井手口で埋めました。
下地作りは着々と進んでいるように思います。

水戸ホーリーホック
資金が脆弱ゆえに毎シーズン終了と共にリセットボタンが押される水戸。
今年も主力が大量に抜け、未知の人材が大量に入ってきました。
ただ、中には権東ら計算できる選手もいます。
そして、何より水戸には戦いながら成長する選手が毎年たくさんいます。
それがすぐに水戸を巣立ってしまうのが惜しいのですが(笑)
昨年強奪されたデルリス選手以上の活躍をアンデルソン選手には期待したいですね。

横浜FC
話題性はありますが、クラブとしてまとまっているかというと疑問符のつくクラブですね。
経営陣は素人に近い気がします。
ただ、吉野、渡辺光輝、小林宏之、室井、と補強は豪華です。
あとはあまり評判のよくない足達監督が彼らを活かして評価を覆せるかどうかにかかっています。

ザスパ草津
何も出来ずに終った昨シーズンを省みて、前の監督を戻して原点回帰ですね。
順位や結果云々よりも、まずチームとして一丸となって一年を戦い抜く事が彼らにとっては重要だと思います。
昨季より勝ち点伸ばしましょう!

愛媛FC
戦力云々は良く分かりませんが、フロントはかなりしっかりしている印象が今のところあります。
草津のように昇格した事で燃え尽き症候群にもなっていないでしょう、きっと。
J昇格の喜びと更なる上へというハングリー精神を持って戦い抜いて欲しいと思います。


これを踏まえたおれのよそうがこちらです!
2006000051.jpg

一応ゲームのルールも書いておきましょう。

基本的には去年と同様です。

1チーム辺りのpoint=13-|予想順位-結果順位|

として全13チームの合計ポイントを競うのです。

例えば、去年私は1位と予想したチームの結果が5位だった場合、そのチームの予想ポイントは、

13-|1-5|で9pointとなります。

そして、今年からはボーナスポイントを設けたいと思います。

自動昇格圏内である1,2位をズバリ当てたら各5point
1位予想が2位だった場合、2位予想が1位だった場合は各3point

3位予想はズバリ当った時のみ3point加算します
1位予想、2位予想チームが3位、あるいは3位予想チームが1,2位になってもボーナスはありません。

と言う訳で、

満点は(基本)13×13+(自動昇格ボーナス)5×2+(3位ボーナス)3で計182point

となります。

さぁ、どうなるでしょうか!
皆さんもよろしかったら是非参加してください。
また参加者がおれ一人でも困らないよう、今年は雑誌の予想記事を保存しておきます(笑)

なお、J1編は3/2(木)の午前中にupする予定です。
よろしければ一緒に予想して下さい。

J2リーグ順位予想ゲーム 2005 結果発表

Jリーグ順位予想ゲーム
02 /25 2006
2006シーズンの予想前に2005シーズンの予想結果を発表したいと思います。
参加者がおれ一人だけだったのでゲームにならなかった訳ですが(笑)

結果がこちら
2006000050.jpg

なんと、最も重要な昇格圏内順位を含んだ5チームがピタリ賞。
我ながら凄いと思ったのですが、比較対象がいないのでどの程度凄いのか、実は大した事無いのか全然見当がつきません(苦笑)
今年はサッカー雑誌の予想記事保存しておこう(笑)
もし、去年J2の予想したよ、て方がいらっしゃれば教えて下さい。
計算はこちらで致しますので(笑)

結果にかなり満足しているので反省点は特にありません。
今年もこれぐらい当たるといいな。

Jリーグ順位予想ゲーム J1編

Jリーグ順位予想ゲーム
03 /03 2005
J1リーグの順位予想企画なのですが、
単に予想だけしても読んでくれそうにないのでゲームにしましょう!
私と勝負だ!

ルールは簡単!

1チーム辺りのpoint=18-|予想順位-結果順位|

として全18チームの合計ポイントを競うのです。



例えば、去年東京を優勝と予想した場合は実際の年間順位が16チーム中8位なので

16-|1-8|=9 で東京の順位予想ポイントは9です。

ちなみに満点は18×18の324pointです。

1位になった方は私から素敵な商品を・・・差し上げられませんorz
称号に相応しい素晴らしいイラストでも差し上げられたらいいのですけどね。
J1予想の達人という名誉だけで我慢して下さい。
ま、自分が1位になるから心配ないか。
何故なら参加者が私1人だから。

一応自分で思いついたゲームなのですが、
あまりに単純なので既に全く同じ企画がある可能性があります!
その時は是非コメントでご一報お願いします。


では、私の順位予想J1編。
チーム名を押すと「戦力分析&対戦妄想」へ飛びます。

横浜FM 戦力層と勝負強さ。今年も優勝に最も近いと思う。
浦和  フロント含めた戦力は圧倒的。勝負強さが加われば優勝。
FC東京 今は層が薄くても、勝負弱くても何とか(笑)
磐田  調子よく飛び出しても疲れに従い終盤失速すると予想。
   ハマれば強いが一年を通してとなると?
G大阪  素晴らしいタレントを監督が持て余す予感。  
名古屋 本田と共に前半快進撃しそう。研究される後半は?
千葉  村井の穴埋めに時間を要すものの盛り返す。
鹿島  今年のビックリドッキリ外人も外れる予感。
広島  接戦を去年よりモノにできるはず。
新潟  面白いサッカーしてくれるはず。決定力次第。
大分  胸スポンサー獲得の為に死に物狂いで頑張る。 
川崎  守備力があり、カウンターから点が取れる。
C大阪  外人次第(笑)
神戸  トップ下選びに難航し、攻めの形作りに苦労しそう。
   土屋で守備安定。玉田の負担をどれだけ軽くできるか。
清水  チョ・チェコンビに全てを託すチームになりそう。 
大宮  クリスティアンがどれだけ取れるかが左右しそう。


予想が外れない人は予想しない人だけ、という言葉を胸に予想しました。
年末になったらこの記事は赤面ものでしょう(笑)
初めての1シーズン制となった今季はどんな状況になってもあきらめない気持ちが大切になってくると思います。
好調なスタートを切れても手綱を緩めずに最後までしっかりと戦うチーム、逆に序盤に負けが込んでもあきらめずに食いついて勝ち点をもぎ取るチームが最後に上位となると思います。
各クラブにとってタフな一年となりそうですね。
ああ、開幕が待ち遠しい!!