いやらしい? 第10節 仙台戦(A) [映像観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
とにかく前から頑張る、を浦和戦で始めてから調子を戻しつつある東京。
相手の仙台も前節の清水戦を3-0で勝つなどカップ戦含めてここ1カ月くらい負けなしと、調子は上向きである。
勝ち点1つで順位が大きく変わる団子状態のリーグ戦で上位に食らいつき、追い越すためには何としても勝ちたい1戦だ。

試合は三田を中心に組み立てられた仙台の攻撃を受け流しながら時折反撃する東京、という構図。
一時期よりはだいぶマシになってきたとはいえ噛み合わない場面も未だに多い東京に対し、仙台はラストパスに中が合わせられれば、という場面が続いた。

しかしながら、先制したのは東京。
今や期待値が一番高い太田のセットプレー、今回はCKのこぼれを大久保が抑えの効いた素晴らしいシュートでゴール左下隅を突き刺して先制。大久保の非常に高いシュート技術が顕れたシーンだった。
後半に入っても似たような流れが続き、似たような状況から東京が追加点。
今度も太田のセットプレー(FK)をGKがこぼした所に大久保が嗅覚鋭く詰めた。
この2点を守り切り、東京が勝利。
流れを終始握っていた感触があったであろう仙台にしてみれば狐につままれたような敗戦に違いない。

東京の勝因としては、まず林の存在感。そして、彼を助ける前線から追う守備のサポート。
ベースはこれだろうと思う。
そして、輝きを取り戻した太田の左足から得点を生む。これで東京は勝っている。
髙萩の素晴らしいポジショニングや試合コントロールも大きな要因だと思うけれど、試合巧者と言えるのは彼だけでチームとしては泥臭さがまだ濃い印象。流れの中での攻撃がもっとスムーズにならないと印象が変わっていかないかな。
今はとにかく勝つことが重要でスマートさなど二の次なので、これで十分ではある。
次の対戦相手も好調の柏。また緊迫した試合をモノにする東京に期待したい。

最後に、三田の頑張りも記しておきたい。
仙台で一番、ゴールに迫るプレーをしていた姿がみられてうれしく思った。後半戦でまた会えることを楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

久保君デビュー YBC第4節 札幌戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
リーグ戦で持ち直してきたタイミングでのカップ戦。しっかり勝って弾みをつけたいところである。
対戦相手は、先日のリーグ戦で悔しい逆転負けを喫した札幌。
といっても、リーグ戦のスタメンからは1人?を除いて全員変えてきた。知っている選手は失礼ながら小野伸二ただ一人だけで、若手育成に思いっきり舵を切った布陣のようであった。
我がFC東京もベンチに話題の久保君をいれるなど若手育成を視野に入れてはいるものの、GK、両CB,髙萩,大久保の軸はそのままに、スタベンクラスで周りを固めており、確実に勝利を求めた布陣でスタート。
早々に点差をつけて勝負を決めて髙萩らを休ませつつ久保君を気軽な状況で登場させるお祭り試合にしたいところであった。

20170507215333521.jpg

試合が始まると、流石にワンサイドゲームでチャンスをひたすら量産。
しかし、フィニッシュの精度を著しく欠いて決まらず。
もやもやした流れのなか31分に永井がようやく先制。
カーニバルがやっと始まるか、と期待したがその後もひたすらシュートだけが入らない。
そんな中で66分、永井に変えて久保君登場。
まだ1-0の緊迫した場面で最初に出してきたのは驚きであった。
眠気が蔓延していたスタンドもお目当ての選手登場に活気を取り戻した。

久保君は攻守に渡ってポジショニングが良く、チャンスに絡んだり上手くインターセプトするなど非凡なところをみせていた。
自身が仕掛けて得たFKを自ら直接狙った場面はこの試合のハイライトだったろう。残念ながら入らなかったが。

結局試合は1-0。シュート数14本、相手は0本。
久保君デビューが見られたのはうれしかったが、リーグ戦でのスタベン選手ばかりが交代して軸の選手が休めなかったことと、壊滅的な決定力に不安も抱いた一戦であった。

最後に、試合後の監督インタビューで阿部と中島への評価が率直に述べられていたので引用したい。

Q=札幌に走り勝ったという表現をされたが、前線の阿部拓馬と中島翔哉への評価は?

阿部は、相手選手の間でボールを受けて運びながら、ゲームをコントロールしてくれたので、とても良い評価をしている。サイドにボールがいった時でも、守備に走ってくれた。
ただ、得点を決めるチャンスはあった。そこが今の彼の課題だと思う。ただ、今日見せてくれた姿勢とプレーはとても良かったと思う。
中島に関しては、1対1のところまでは素晴らしい。そこから人をどう使うのかというところが、彼の課題だと思う。
彼には、積極的にシュートを打つことは、続けていって欲しい。ただ、その中で人をいつ、どこで、どうやって使って中に入っていくかというところを改善しないと、他の選手がノッキングするかもしれない。今日は、もっと長い時間使いたかったが、ボールを失う場面が増えてきたので交代した。
ただ、2人とも貴重な存在なので、引き続きトレーニングからやって欲しいと思う。
(引用ここまで)

二人、特に翔哉に私はかなり期待しているだけに、なんとかスタメンを奪い取って欲しいものである。

前進したかな? 第9節 広島戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
前節、力技で勝ち点をもぎとった東京の相手は広島。
調子を落としているとはいえ難敵である。
怪我からスタメン復帰した元広島の髙萩に期待がかかった。

20170507210933248.jpg

東京は浦和戦以降と同様、前線からとにかく頑張って守備から入る。
攻撃に移ると、これまでに比べればつながる場面もみられた。
対する広島は、東京のプレスをいなすのに苦労しているどころか、何でもない繋ぎのパスでもミスが散見された。
やはり本調子でないのは明らかなので、絶対に勝ちたいところだ。

互いに何度かチャンスを作り、林のスーパーセーブで防いだり、こちらのシュートはバーに阻まれたりと一進一退。
中でもPA内で抜け出された工藤のシュートを防いだ林のセーブは凄かった。
対してこちらは、感覚が戻ってきた太田のCKからこぼれ球を丸山が決めた。
待望の先制点を守り切って勝利。

林のおかげでもぎ取った勝ち点は既にいくつになるだろう?
本当に素晴らしいGKだ。
チームにいい流れを呼び戻すプレーぶりだった。

ぐんぐんと YBC第3節 磐田戦(A) [映像観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
チーム分けが奇数の影響でFC東京は第2節はお休み。

GKは今季J1初先発の大久保択生、若手枠はCB山田で東京は試合に臨んだ。
11分に択生のまずいプレーから失点。更に22分にはPK献上&退場。試合を壊してしまった。
リーグ戦でのGK練習を見ていて林と差が開いていることは覚悟していたけれど、これでは・・・。

PKを決められ、後半にも1失点で0-3負け。小川航基にハットトリックを達成させてしまった。
3失点目などは相手ながら見事だった。いいストライカーを目覚めさせてしまった。

ところで東京にとっても、この試合に収穫が無いではなかった。
山田も局面では十分通用しているところがあったし、波多野も序盤こそ不安定だったけれど時間を追うごとにぐんぐんと持ち味を出していった。
GKの序列が変わった試合ではないだろうか。
廣末も加えてハイレベルな競争を期待したい。

気合いと個人技 第8節 新潟戦(A) [映像観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
新潟にしっかり繋がれて主導権を握られながらも得たFKを、太田が素晴らしい弾道で突き刺し先制に成功。
後半はカウンターから太田がマイナスのクロスを入れて走りこんできた橋本がゴールゲット。
最後は大久保がPKもらってゲット。
その間、林が再三好セーブを見せて結果3得点無失点。
勝ち点3を力技でもぎとった。
再スタートだ。

いぎーた

FC東京が気になる人.